Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮市亮が4失点完敗を反省「多くのチャンスがあったけど…」 今季はリーグ戦全試合出場中

配信

SOCCER KING

 ザンクト・パウリに所属する元日本代表MF宮市亮が、23日に行われたブンデスリーガ2部第27節・ダルムシュタット戦の結果を悔やんだ。23日に、ドイツメディア『MOPO』が報じている。  ダルムシュタットの本拠地『メルク・シュタディオン・アム・ベーレンファルター』で行われた一戦で、ザンクト・パウリは0-4と完敗。開始7分で先制点を許すと、訪れたチャンスを生かせないまま失点を重ねた。ブンデスリーガは16日に再開し、新型コロナウイルスによるシーズン中断を克服。前節は勝利し、再開初戦を白星で祝ったザンクト・パウリだったが、今節は持ち味を発揮できなかった。  試合後、宮市は大敗の原因を分析しつつ、悔しさを露わにした。 「前半は多くのチャンスがあったけど、ゴールに結びつけられなかった。後半は恥ずかしいパフォーマンスを見せてしまったと思う。次の試合が迫っているので、改善していかなければならない」  宮市は今シーズン、リーグ戦全試合出場を続けている。チームにとって欠かせない存在になっているが、本人はさらに高いレベルを自身とチームに要求しているようだ。

SOCCER KING

【関連記事】