Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

首都地震マップ【江戸川区・江東区】液状化・津波被害にどう備える

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 東京都環境局の資料によると、江戸川区西葛西は1968年に年間沈下量23.89cmを記録、江東区南砂2丁目にいたっては1918年からの約60年間で4m50cmもの累積沈下量を記録している。巨大地震に耐えるための対策として、都を挙げて堤防の強化や耐震化工事が進められているが、油断は禁物だ。

 昭和半ばまで農業と漁業を中心とした田園地帯だった葛西は、湿地帯を埋め立てて造成された軟弱な土地のため激しい揺れが予想される。葛西沖開発によりできた江戸川南部一帯の液状化リスクにも注意したい。

 再び江東区に目を向けると、入り口がすぼまり、中が膨らむ「フラスコ型」と呼ばれる東京湾(地図内「A」参照)は、周辺海域からの影響を受けにくく津波被害が発生しにくいといわれている。国の被害想定でも首都直下地震での津波は1m以下とされているが、標高の低い沿岸部では水が流れ込んでくる可能性を考えておきたい。

 2019年11月に「79.3%が江東区、20.7%を大田区に帰属」と決定した中央防波堤埋め立て地は、東京五輪の馬術やカヌーの会場として予定されている(地図内「B」参照)。新規開発された埋め立て地の安全性は未知数だ。

 火災による大規模な延焼被害が比較的少ないと想定され、広域避難場所を必要としない地域は「地区内残留地区」に指定される(地図内「C」参照)。湾岸地域(新砂地区以南)が該当し自宅や職場で待機となる。

※参考/東京都建設局「東京の液状化予測図 平成24年度改訂版」、東京都都市整備局「地震に関する地域危険度測定調査」、国土交通省国土地理院デジタル標高地形図、『首都大地震 揺れやすさマップ』(目黒公郎監修/旬報社)、『川の地図辞典 江戸・東京/23区編』(菅原健二著/之潮)

※女性セブン2020年8月20・27日号

【関連記事】