Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マンションに火災保険が必要な理由って?補償内容にはどんなものがあるの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

鉄筋コンクリート造のマンションであっても、火災に加えて災害や思わぬ事故など、多くのリスクがあります。火災保険に加入しておけばいざというときに補償が受けられ、近所から被害を受けてしまったときも自分の財産を守れます。 今回はマンションの火災保険の必要性と、補償内容の選び方について紹介します。

マンションに火災保険が必要な理由

鉄筋コンクリート造のマンションは木造一軒家とは違い火事に強いですが、マンションにこそ火災保険は必要です。 マンションは構造上、上下左右の住民と壁一枚でしか仕切られていません。万が一災害が起きてしまったとき、隣近所に被害を及ぼしてしまう、逆に隣から被害を受けてしまう可能性もあります。 また日本の「失火責任法」では、火元に重大な過失が認められなければ損害賠償請求ができないことになっています。自分の家を自分で守るためにも、火災保険に加入しましょう。 マンションの火災保険の対象は「専有部分」 分譲マンションの建物は、「共用部分」と「専有部分」とに分けられます。 共用部分とは住民がみんなで使うスペースで、廊下や階段などはもちろん、窓、避難経路にもなるバルコニーも対象です。 一方専有部分とは自宅の室内、独立して自分が自由に使えるスペースを指しています。そのため共用部分の火災保険は管理組合が、専有部分の火災保険については自分がかけることになります。 賃貸では「借家賠償責任」「賠償責任」特約付きの火災保険に入ろう 賃貸マンションに住むことになったときも、火災保険に加入しましょう。もしも火災などで部屋にダメージを負わせてしまった場合、大家さんに賠償するための原状回復費用と、自宅の家財費用とを補償できます。 賃貸の場合は大家さんに対しての「借家賠償責任」と、漏水による水ぬれの補償などのために「個人賠償責任」が付いた火災保険への加入を求められることが多くあります。個人賠償責任は火災保険以外にも傷害保険や自動車保険の特約で扱うことも多いので、 加入済みの保険に付いていないかを確認しましょう。

【関連記事】