Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

月収は大卒初任給並!YouTuberとして稼ぐ主婦に迫る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

ユーチューバーとは、動画配信サイトのYouTubeに、自分が編集した動画を投稿し、動画につけられた広告で収益を得ている人や集団のこと。そんなユーチューバーの中に、ESSE読者と等身大の主婦を発見! 人気の主婦ユーチューバー、shinoさんのサクセスストーリーを追いました。

暮らし系ユーチューバーshinoさんに聞く!パートを辞めて食べていけるようになるまで

手軽な100円グッズを使ったDIY動画などを配信して人気の主婦ユーチューバー、shinoさん。 「YouTubeのいいところは、目に見えて成果がわかること。動画に手間と時間をかけて工夫するほど、チャンネル登録者数や動画の再生数が増え、収益ももちろん上がるので、楽しくてやめられません」 常にネタになるものにアンテナをはり巡らしたり、好きなユーチューバーの動画を見て技術を学んでいるのだとか。 「自分がおもしろいと感じることをしているので、負担なく続けられます。子育てをしながら、自分の世界を広げられるのもうれしい。もうYouTubeのない人生は考えられないです」

●shinoさんのユーチューバーヒストリー

2014年 動画投稿開始 大学時代に友人から「手づくり得意だし、できるんじゃない?」とすすめられ、初投稿。

2017年4月 週1回動画投稿をスタート 知り合いから「もっと人気でるよ!」と勇気づけられ、動画の投稿頻度を週1回に。

2017年10月 動画が初バズリ! トイレの床にリメイクシートをはる動画が117万回以上再生! さらにやる気もアップ。

2018年1月 チャンネル登録数1万人を突破 登録者数が1万人を超えたのを機に、アルバイトを辞めてYouTubeを本業にしようと決意。この年、同棲中だった彼氏と結婚。 2019年10月 娘を出産 年初に登録者数が3万5000人超え。さらに、娘を出産。妊娠中、出産後も、工夫を凝らしながら動画投稿を続ける。 2020年2月 登録者数4万5000人に 現在、月収は大卒初任給程度。

気になるアレコレ、教えて!shinoさんに聞いてみた!

Q:YouTubeで稼ぐってどういうこと? A:広告収入が入ります YouTubeは広告で収入を得ることができます。「1000人以上の登録者」「4000時間以上の再生時間」の2つをクリアするとYouTubeが広告をつけてくれるようになります。よく「再生回数1回いくら」といわれますが金額はさまざまで、私も最初の頃は「0.1円以下」でした。チャンネル登録者数が増えたり、再生回数が伸びると収益もアップ。

【関連記事】