Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヒムロック還暦記念!「氷室京介展 LX -揺るぎなき美学と挑戦-」が開催

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウォーカープラス

約40年にわたりミュージシャンとして活動してきた氷室京介を振り返る「氷室京介展 LX -揺るぎなき美学と挑戦-」が、グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタルで9月5日(土)より開催。アーティスト・氷室京介の「美学」や「挑戦」が詰まった展覧会の魅力をお届け。 【写真】歴代のスカジャンや未公開写真、本人直筆の作詞原稿などファン垂涎モノの展示 ■「揺るぎなき美学と挑戦」をテーマに、氷室のヒストリーを追う展覧会 「氷室京介展 LX -揺るぎなき美学と挑戦-」では氷室の駆け抜けた40年間を6つの時代に分けて紹介。「揺るぎなき美学と挑戦」をテーマに、彼の歴史を追うような形で展示。BOØWYの解散した翌年の1stシングル「ANGEL」でソロデビューの活動する姿から、ライブ活動無期限休止を宣言した2016年5月までが一挙に紹介される。 また、その最後のステージで「還暦になればアルバムでも作れれば」とファンに伝えていた氷室。今年の10月にその還暦を迎えるということで、今回の展覧会では彼の復活を願う展覧会ともなっている。 BOØWY曲の氷室直筆の作詞原稿、ミリオンナンバー「KISS ME」の創作経緯がわかる歌詞原稿など、ファン垂涎モノも公開。さらに、ライブで着用した衣装や私物、未公開の写真やライブ映像も多数公開されている。映像のなかにはライブ中に感極まってしまう氷室にファンが大合唱で応えるシーンの「KYOSUKE HIMURO TOUR 2003“HIGHER THAN HEAVEN”」も公開。「ファンとの絆」を大切にしている氷室を象徴するエピソードとして紹介されている。 ■会場限定のグッズ販売、特別編集した初公開映像の上映も また会場には記念撮影できるフォトスポットや会場限定のグッズも販売。会期中の日曜日(9月6日、13日、20日、27日、10月4日)には特別編集したツアー初日、京セラドームで行われた「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」の特別映像を上映。各日13時、14時、15時、16時、17時、18時開始で日時指定(自由席)となっている。 「氷室京介展 LX -揺るぎなき美学と挑戦-」は9月5日(土)から10月10日(土)までグランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボで開催。観覧料は大人2300円、高大生1800円(当日券は各200円増し)。特別映像鑑賞料は展覧会入場券付き前売券3500円、鑑賞券のみ1500円(残席がある場合は当日券あり)となっている。 取材・文=さくらいけんたろう ※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。 ※会場では新型コロナウイルス感染防止策のためマスクの着用、入場前に検温の協力を求められます。

【関連記事】