Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【2020年下半期】レイコ・ローランの12星座別占い

配信

集英社ハピプラニュース

アラフィー占星術研究家 レイコ・ローランによる2020年下半期の12星座別運勢を大公開。2020年後半戦、あなたはどう生き抜くか?早速チェック! 《2020年下半期運勢》天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座 ★レイコ・ローラン London Shool of Astrology認定占星術師。日欧で西洋占星学の研鑽を積む。専門は詳細なホロスコープを用いた西洋占星術だが、兄弟的占術である数秘術も長年にわたり研究。「レイコ・ローラン占い」ブログも大好評。

牡羊座-おひつじ座-(3/21~4/19生まれ)の2020年下半期の運勢をチェック

2020年下半期は、あなたのためにあるといっても過言ではありません。勇気と戦いの星、火星が7月2日に牡羊座に入り、そのあとほぼ、半年にわたり滞在。そうでなくても牡羊座は勇気もやる気もあるほうですが、ますますエネルギー値はアップしていることでしょう。 もともと火星は牡羊座の守護星ですから、なんとなくこの期間、「私らしいって、こういうこと!」という気分に浸れるのではないでしょうか。いつもの1.5倍くらいはパワーがあると思っていいです。火(エネルギー)は周囲に分け与えても、自分が燃え続けていれば決して減りません。それと同じで周囲に暖かい気持ち、思いやり、励ましを与えていくことが自分も周囲をも幸せにしていくカギですし、今期の牡羊座にはそれが簡単にできるはず。むしろそうしたほうが、自分のありあまるエネルギーによる思いがけない“火傷”を少なくすることが出来そう。新しいスポーツを始めたり、自分のお料理スタイルをブラッシュアップしたりすることも吉。それが趣味にとどまらず、最終的にはどういうわけかキャリアや社会的地位にも貢献していた…ということもありそうです。

牡牛座-おうし座-(4/20~5/20生まれ)の2020年下半期の運勢をチェック

目下、長期滞在中の変革の星・天王星の影響を大きく受け続けている牡牛座。2年前くらいから転機が訪れているのですが、その頃に思い立ったことや余儀なくされたチェンジが、今やっと軌道に乗り始めたと感じているのでは。 今年の後半も、引き続き自分の新しい計画を推し進めていけます。ただ、牡牛座にとって「秘密」や「背後」を表す場所に火星が滞在しているため、なんとなく目に付きにくい場所から、ときどきストレスを受けるかもしれない暗示はあります。じっと我慢…という場面も。でも、今は先に挙げた天王星の影響で、牡牛座の人が興味をもったことには、皆がいい意味で注目してくれる機運があり、応援もしてもらえます。周囲に引き立てられたり、人気運もあります。こういう時期ですから、あえて自分の生活様式や対人関係など、積極的にちょこちょこと改革をしていくことはおすすめ。一度よいと思ったことはあまり変えたくないところもある牡牛座ですが、自分自身でもなんとなく古く感じることには潔くさようならをして、楽しみながら、自己刷新を続けていくことが、後半戦の開運キーワードです。

【関連記事】