Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミズノ史上最大の反発力を持つソール素材「ミズノエナジー」開発、搭載モデルを発売

配信

FASHIONSNAP.COM

 ミズノが、同社史上最大の反発性を実現したシューズ用高反発ソール素材「ミズノエナジー(MIZUNO ENERZY)」を開発した。同素材を搭載したコンセプトモデル「ザミズノエナジー(THE MIZUNO ENERZY)」を7月1日の今日発売。ミズノ直営店と公式オンラインストアで取り扱っている。価格は2万7500円。 【画像】ミズノエナジーとミズノウエーブを組み合わせたモデル「ウエーブデュエルネオ」も製作  ミズノエナジーは、柔らかさによって溜めた接地時のエネルギーロスを少なく反発させる素材。約2年かけて開発し、エネルギーのロスを少なく伝える軟式野球のバットやゴルフクラブといった用具の研究開発の知見をソール設計に活用したという。  素材は競技特性や使用シーンに合わせて、柔らかさと反発性を高めた「ミズノエナジーコア(MIZUNO ENERZY CORE)」、軽量性を追求した「ミズノエナジーライト(MIZUNO ENERZY LITE)」、標準的な「ミズノエナジー(MIZUNO ENERZY)」の3タイプで構成。最上位タイプのミズノエナジーコアは、一般的なシューズに搭載されているソールの素材と比較して反発性が約56%、柔らかさが約293%向上した。発売したコンセプトモデルには、ミッドソールにミズノエナジーコア、アウトソールにミズノエナジーを搭載。同素材は今後、ランニングシューズだけではなく、バレーボールや卓球などの競技用シューズにも搭載していく予定だという。  また、ミズノエナジーと波形状素材を用いたオリジナルソール構造「ミズノウエーブ」を掛け合わせたモデル「ウエーブデュエルネオ(WAVE DUEL NEO)」を7月中旬から順次発売。アッパーをニット素材のハイカットにしたことで足首までの一体感を高め、安定した走りをサポートする。今年1月に開催した箱根駅伝で区間新記録を獲得した創価大学の嶋津雄大選手は、同シューズのプロトタイプモデルを着用していた。アッパーがローカットのモデルも同時発売する予定で、価格はハイカットタイプが2万5300円、ローカットタイプが2万900円(いずれも税込)。ミズノエナジーとミズノウエーブを組み合わせたシリーズ「ウエーブデュエル」の初年度の販売目標はグローバルで1.5万足を目指す。

【関連記事】