Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・矢野監督「この負けは仕方がない」球児への信頼不変「またいってもらう」

配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト3-1阪神」(25日、神宮球場)  阪神の矢野燿大監督は試合後、痛恨のサヨナラ負けに野手の奮起を求めた。 【写真】ま、まさか…思わずマウンドに崩れ落ちる藤川球児  試合は七回、先発の秋山から岩崎の好救援でつなぐと、八回、梅野の1号ソロで先制した。最少リードをスアレスも無失点で守り抜き、九回は守護神・藤川をマウンドに送り出した。  あと1アウトから、西浦にサヨナラ3ランを被弾。指揮官は「最後は球児に任せるというところで、この負けは仕方がない」とし、「またいってもらうよ」と、変わらぬ信頼を口にする。その上で、わずか1得点の野手陣に言及した。  「チャンスがあったというか、チャンスすら少ないのでね。もっと点を取らんとね」  三回は1死三塁の好機で、近本が捕邪飛、糸原が一飛に倒れた。五回には、先頭のボーアが中越え二塁打を放つも、木浪が三邪飛、梅野、秋山が連続三振で好機をつぶしていた。開幕から6試合で、わずか10得点と波に乗れない。  これで2カード連続の負け越しとなった。開幕から6試合を戦い、1勝5敗。早くも借金4、単独最下位と浮上の兆しが見えない。  26日からは横浜に場所を移し、好調・DeNAとの3連戦。矢野監督は「始まったばかりなんでね、全員で。1人、1人の状態を上げてこないと、なかなか機能しないんでね。そういう意識でまたやってくれると思うので、何とか流れを変えにいきます」と切り替えを強調し、反撃を誓った。

【関連記事】