Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寺田柊汰初段、名古屋アミーゴの講師になる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NHKテキストビュー

大澤健朗(おおさわ・けんろう)三段が代表を務める「名古屋アミーゴ」は、若者への囲碁普及を目指す団体。メンバーには下島陽平(しもじま・ようへい)八段、柳澤理志(やなぎさわ・さとし)五段が名を連ねています。下島八段が、最近の名古屋アミーゴの活動内容を語ってくれました。 * * * これまでに経験したことのない自粛期間、元気でお過ごしでしょうか。こんな時こそできる事がある!と、囲碁界もオンラインでのイベントを企画して、皆さんに観ていただくという事が増えました。 我々、名古屋アミーゴもいくつか企画しました。その中の一つとして行われたのが、「寺田柊汰、炎の四番勝負!」。昨年プロになったばかりで、名古屋アミーゴの講師の一員になった寺田柊汰初段をかわいがってやろうという、愛に満ちあふれた企画! 1戦目、棋士であり、記者であり、YouTuberの柳澤理志五段との対局。あまりの緊張に、「時間切れ負け」という世にも恐ろしい負け方を喫し、放心状態の寺田。 立て直す時間もなく、2戦目は私、下島と。時間が切れない事に集中し過ぎるあまり、盤上のキレを欠き本末転倒。 傷心の3戦目、名古屋アミーゴ代表の大澤健朗三段と。開き直った寺田、最後の最後に大澤の寝ぼけたミスを突き、劇的な半目勝ち!! そして最後、中部総本部のレジェンド、羽根直樹碁聖が、シークレット棋士として登場!! 敗れはしたものの、すばらしい内容で、あの羽根碁聖をあと一歩のところまで追い詰めました。 石川県観光大使の肩書を持ち、(あの松井秀喜さんと同じ!)すばらしい棋士になる予感しかない「寺田柊汰」、皆さまぜひ、お見知りおきを!! ■『NHK囲碁講座』連載「中部発!尾張なき旅」2020年8月号より

NHK出版

【関連記事】