Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【試乗記】ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーティブル 大谷達也がイギリス・クルーで乗る

配信

ENGINE WEB

新型コンチネンタルGTに追加された、より軽快でスポーティ、しかも燃費のいい4ℓV8モデル。 そのコンバーチブルに、大谷達也が英国で試乗した。  【写真】気になるV8版コンチネンタルGTの動力性能は? イギリス・クルーのベントレー本社周辺で最新のコンチネンタルGT V8コンバーティブルに試乗した。 現代ベントレーの象徴ともいえる6ℓW12エンジンを4ℓV8に置き換えた同モデル、まず気になるのはその動力性能だろう。 今回の試乗コースはイギリスの郊外によくある片側一車線のカントリー・ロードが中心。まるで幅の狭いワインディング・ロードのようにゆるやかなコーナーが続く一般道だが、制限速度は時速60マイル(約96㎞/h)と日本の高速道路並み。 それでもV8版コンチネンタルGTは実に力強く走り、パワー不足を感じさせない。とりわけ微妙にスロットル・ペダルをオン/オフしながら走る状況でもエンジン・レスポンスは良好で、リズミカルにコーナーを駆け抜けていける。 モーターウェイでは制限速度が時速70マイル(約112㎞/h)に引き上げられるが、ここでもW12モデルに比べて遅いとは感じない。しかも、速度域を問わずV8は滑らかな回転フィールを維持。エンジン・サウンドも低く抑えられたままだ。 では、V8とW12でなにもかも同じかといえば、そうとも限らない。回転の上昇の仕方というか、パワーの出方に違いがあるのだ。 W12でスロットル・ペダルを強く踏み込むと、最初は静かに、しかしやがて強大な力を持つ津波か雪崩のように怒濤のごとくパワーが押し寄せる。そのエンジン回転の上昇の仕方には畏怖の念さえ抱くほどだ。 いっぽうのV8はもっと俊敏に、弾けるように回転数が上昇していく。パンチがあるといっていい。 0-100㎞/h加速データを見ると、W12モデルの3.8秒に対してV8モデルは4.1秒で、その差は決して大きくない。このため、絶対的な速さの違い以上に、エンジンのレスポンスや回転フィールの違いが強く印象に残る傾向にあるようだ。

【関連記事】