Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

薬丸、手越の「うつされても面倒」発言に激怒 岡江さん亡くした悲しみ「平常心でいられない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 タレントの薬丸裕英が25日、フジテレビ系「バイキング」で、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也が会見で、外食先に女性を呼んだ際に「コロナウイルスをうつされても面倒臭いので」としゃべったことに「怒りしかなかった」と激怒した。薬丸は、新型コロナで、長年仕事で共演してきた女優の岡江久美子さんを亡くしている。 【写真】ネットで話題の「となりの手越」宮崎駿監督に激似!  薬丸の目は静かながらも怒りに満ちていた。番組では手越の会見について議論したが、会見途中に「スイッチが入ったワードがあって、それからは平常心で見られなかった」とコメント。  そのワードというのが、手越が緊急事態宣言中に銀座で医療関係者と女性を伴い会食をともにしたことを説明した際に出た言葉で、「ある意味、コロナウイルスをうつされても面倒くさいので」というワード。  薬丸は「コロナって、かかりたくてかかったんじゃない人もいる。亡くなってしまった人もいて、そのご家族もいて、その人達がこの映像を見たらどう思うのか。ぼくはコロナで身近な人を亡くしているので」と怒りをにじませた。  薬丸は、新型コロナで、長年「はなまるマーケット」で共演した女優の岡江久美子さんと悲しい別れを経験しているだけに、この「うつされても面倒」という言葉はどうしても許せなかった。  「世の中、うつさない、うつされないという思いで自粛、医療崩壊を起こさないと。それを医療従事者の方と銀座と女性とって、意味が分からない。そっからは怒りしかなかった」と、激怒していた。

【関連記事】