Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロ野球セ・リーグAクラスを分析!OPSから見たチームの特徴とは?

配信

Baseball Geeks

昨シーズンのセ・リーグは首位読売が2位DeNAに5.5ゲーム差をつけて優勝し、幕を閉じた。 しかし、その読売をはじめとする多くチームが左翼手・右翼手で強打者を起用しているものの、捕手・遊撃手を得点源として活用できていないという特徴がある。 今回は、セ・リーグの中から、昨シーズンAクラスであった3チームについてポジション別OPSからわかるそれぞれの特徴を紹介していく。

得失点からみるセ・リーグAクラスの特徴

まずは、昨シーズンの順位表から各チームの得失点状況について見てみる(表)。 リーグ優勝を果たした読売は得点がリーグトップで失点も少なく、まさに理想的なチームであった。DeNAは得点と失点が同程度で投打のバランスが取れていた。阪神は得点でリーグワーストだったが、最終的にはAクラスでシーズンを終えており、その失点の少なさからも超守備型のチームであったといえる。

読売:坂本・丸の得点力で他球団を圧倒

では、ここからポジション別OPSとスタメン割合(そのポジションで最も多く出場した選手の出場割合)から各球団の特徴を探っていく。

リーグ優勝を果たした読売は、遊撃手と中堅手のOPSがリーグ平均を大きく上回った(表)。ほぼ全試合で坂本と丸が固定されおり、得点への貢献度の高さがうかがえる。特に、遊撃手は2番目にOPSが低いポジションであり、チーム最大の強みとなっている。 また、二塁手以外目立った弱みがなく、攻撃型ポジションでも平均程度を保てた。岡本のコンバートや外国人選手の入れ替わりにより、布陣は大きく変わることも予想されるが、弱みを作らずに強みを残していければ、今シーズンもその攻撃力には大きく期待できるだろう。 二塁手は、攻撃力が低くスタメンも固定できなかった。まずは平均程度の打力を有する二塁手の台頭が待たれる(表)。

DeNA:筒香が抜けた穴をカバーできるか

DeNAは、三塁手のOPSがリーグトップ。また、二塁手・左翼手・右翼手も強みとなった(表)。 ただし、今シーズン左翼手の筒香がメジャーへ移籍。主砲の移籍はチームにとって大きなダメージになりそうだ。穴埋めとして期待がかかるのが新外国人のオースティン。一塁手か外野手で起用される見込みである。いずれにせよ、投打のバランスを保つためには彼の活躍は必要不可欠になるだろう。

【関連記事】