Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現代の華麗なる浮世絵師 「安野モヨコ展 ANNORMAL」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CREA WEB

【今月のこの1枚】安野モヨコ《さくらん》

「安野モヨコ展 ANNORMAL」  思えば漫画家というのは、表現者として少々、バケモノめいた存在ではないでしょうか。 【関連記事】ロンドンの着物展をオンラインで堪能 江戸着物からガリアーノまで  なぜというに、相反するふたつの表現能力を併せ持っていないと、人を夢中にさせる作品を生み出せないからです。  すなわち、先が知りたくなって「ページをめくる手が止まらない!」と読者を嘆かせるほどの、ストーリーテラーとしての才能。  そして、「このコマからもう動けない!」と読む側の眼を釘付けにしてしまうような、絵描きとしての圧倒的な腕前。この両の才能をともに高次元で有しているのが、一流漫画家というものなのです。  掲げた絵は、そんな巨大な才を30年にわたって発揮し続けてきた、ひとりの漫画家の手によるもの。   「あ、この絵柄は!」と見覚えのある向きも多いのでは? そう、描き手は安野モヨコです。  恋愛に恋愛してしまった女性の暴走っぷりを描く漫画「ハッピー・マニア」。週刊誌編集部を舞台に、働くって何だ?  と問いかけ「働きマン」。魔法と夢がいっぱいの少女漫画「シュガシュガルーン」。鎌倉の自然の中で古き佳き世界が展開する「オチビサン」……。  彼女のキャリアは、幾多のヒット作で彩られています。  一つひとつ振り返ってみるに、私たちはいつだって、驚嘆に満ちたストーリーと共感を呼び起こす絵、双方に魅せられ続けてきたのだと気づかされます。  とりわけ安野モヨコの絵の力、これはやはり強烈です。人好きのするキャラクター、動感に溢れる人物のポーズ、センスが光る背景描写に至るまで。  ひとコマずつに、「漫画における絵とはどうあるべきか」が考え尽くされ、表現されています。  掲出作に描かれているのは、「さくらん」の世界です。これは、江戸時代の吉原に生きた花魁「きよ葉」を主人公に据えた、絢爛豪華かつ凄惨なお話。  絵画表現として眺めれば、うなじやフェイスラインをかたちづくっている、この力強く張りのある描線はどうでしょう。  一転、髪の一本ずつは、どこまでも繊細に描き込まれています。しどけない和服の色の合わせも美しい。   「さくらん」の舞台となっている江戸時代といえば、浮世絵の全盛期。吉原の光景を画題にした作も多く残っています。  それらと比べて、安野モヨコによる「現代の浮世絵」はどうでしょうか。その艶っぽさ、描線の力強さなどにおいて、まったく遜色ありません。  美人画の名手・喜多川歌麿や、森羅万象なんでも描けた葛飾北斎といった名手の作品と並べても、互いに引き立て合うこととなるでしょう。  同作も出品される展覧会は、安野モヨコの漫画家デビュー30周年を記念して開かれるもの。  稀代のストーリーテラー兼絵師が生み出した作品世界に、たっぷり浸りましょう。  「安野モヨコ展 ANNORMAL」 漫画家・安野モヨコは、高校3年生でのデビューから30年を迎えた。「ハッピー・マニア」「シュガシュガルーン」などヒット作を無数に生み出してきた売れっ子漫画家の、初期から最新作までの原画を中心に展示が構成される。 会場 世田谷文学館(東京・世田谷)会期 2020年7月1日(水)~9月22日(火・祝) ※予定料金 一般 800円(税込)ほか ※チケットは事前予約制・当日券なし電話番号 03-5374-9111https://www.setabun.or.jp/日本の現代アートの最高峰を味わう! 

【関連記事】