Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「共演NG」に主演の鈴木京香 “本当の共演NG女優”は米倉涼子

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 今秋の連続ドラマで、業界関係者が注目しているのは今月26日スタートの「共演NG」(テレビ東京系)。芸能界のタブーに迫るテーマだからだ。 【写真】米倉涼子 タイトな衣装で“胸元”が…(2013年)  企画・原作はおニャン子クラブ、AKB48、坂道アイドルでお馴染みの秋元康(62)。〈テレビや映画のキャスティングをしていると、スタッフから『○○さんと××さんは共演NGなんで……』と言われることがよくあります。明確な理由を説明されることもありますが、大抵は芸能プロダクションのマネジャーから『いろいろありまして……』と言葉を濁されます。共演NGの2人は過去に何かあったのでしょうか? そんな興味から今回のドラマを企画しました〉と、秋元は企画意図を説明している。  これまで芸能界のタブーとされていたテーマに焦点を当てるため、関係者の間でざわめきが止まらない。この注目のドラマで元夫婦の人気俳優を演じるのが中井貴一(59)と鈴木京香(52)だ。2人は三谷幸喜演出の「short cut」(WOWOW)などで共演しているが、関係者から聞こえてくるのは「鈴木さん、よくこのドラマのオファーを受けましたね」という驚きの声だ。 ■〈キャラかぶり〉〈異性絡み〉などさまざま  というのも、当の鈴木が芸能マスコミなどにたびたび“共演NG女優”を報じられているから。ある芸能プロの幹部は「確かに鈴木さんの主演ドラマは演出が難しい。それくらい共演NGの多い女優さんです」と明かす。  共演NGに関して取材を進めると、漏れてくるのが〈キャラがかぶる〉〈芸能プロ間が火種を抱えている〉〈過去に一緒に仕事をして嫌な思いをした〉といった理由のほかに、〈異性絡み〉に関するものが圧倒的に多かった。  鈴木との共演NGと聞くと、関係者がすぐに思い浮かべるのが深津絵里(47)だ。2人は元カレが堤真一(56)という共通項がある。さらに深津は「モントリオール世界映画祭」など、名だたる映画祭の主演女優賞を総なめにしている。プライドが高い鈴木は受け入れ難いのだろう。

【関連記事】