Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セリフ練習してたら振り返られた秋元才加「これはいけないセリフだった(笑)」

配信

HOMINIS(ホミニス)

2020年8月14日(金)に劇場公開される、米海兵隊のすご腕スナイパーを主人公にした、戦争アクションシリーズ最新作『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』に、女優の秋元才加が出演することが決定した。ベテラン狙撃兵のトーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)が、米国政府から指令を受けた極秘任務を遂行した第1作から27年。シリーズ最新作となる本作では、米国が重要な貿易協定を交わす前日に起こった外交官殺害事件の容疑者として、米海兵隊前哨狙撃兵のブランドン・ベケット(チャド・マイケル・コリンズ)が追われることになる。 【写真を見る】撮影現場の規模が日本とは全然違ったという秋元才加 今回は、主人公のブランドンとトーマスを狙う暗殺者を演じた秋元にインタビューを実施。海外の撮影で感じたこと、そして長きにわたって愛される『山猫は眠らない』シリーズの魅力などについて語った。 ――今回の暗殺者役にオファーされた経緯は? 「ハリウッドには、日本人の俳優が少ないらしいです。それで今回、『日本人が出てくるので、どうですか?』とお話をいただきました。何回かビデオオーディションでやりとりをして、最終的にお願いしますと言われました。ただ、日本で『2番手ですよ』と言われたら、いい役だなという実感が湧くんですが、『すごくいい役ですよ』と言われても実感があまりなくて」 「うれしかったんですけど、『ああ、そうなんですね』という感じでした。でも(この作品に出演するという)情報解禁をした後から、『トム・ベレンジャーさんと共演なんてすごいじゃん!』と言われるようになり、だんだんとすごい作品に出演したんだなと思うようになってきました」 ――本作への出演が決まった時はどうでしたか? 「いつか海外作品に出演できたらいいなと考えていたんですが、まさかこのタイミングで、こういったお話がいただけるとは思っていなくて。ハリウッド作品は日本人だけでなく、海外の俳優さんも候補になるので競争率が高いですが、選んでいただけたのは自信になりました」 ――日本の撮影現場との違いは感じましたか? 「日本と比べても規模感が全然違うなと思いました。まずは来る時には送り迎えがありますし、1人に1台トレーラーハウスが付いてくる。朝から晩まで、温かい食事が食べられる。これだけの環境があったら、お芝居に集中できるよなと思いました。現場の俳優さんも、マネジャーを付けずに、1人で来ているのがカッコいいなと思って。そういうのが心地良かったですね」 ――アクションはいかがでしたか? 「アクション監督がフィリピンの方だったんですが、私もフィリピンのミックスなのでうれしかったですね。(主人公ブランドン・ベケット役の)チャドさんとのアクションシーンも、2人がすごくカッコ良く見えるように、カット割りもディレクションもしてくれたので、こんなカッコいいアクションの撮り方があるんだと感激しました」 「日本だと定点で、あまりカメラが動くイメージがないんですが、今回のチャドさんとのアクションシーンでは、ミスしたかなと思った時でも、カメラの動きですごくカッコ良くパンチが当たっているように見せてくれて。自分のやることだけやっていれば、すごくカッコ良くしてくれるという安心感がありました」 ――英語のセリフはどうでしたか? 「海外作品ということで、英語を流ちょうにしゃべらないといけないのかなと悩みましたが、(製作の)ソニーの方に相談したら、『下手に流ちょうにしゃべろうとはしないで。むしろ日本人のなまりが欲しいんだ』と言われました。だから、うまくしゃべろうとせずに、ゆっくりはっきりしゃべってくれと」 「自分ではまだセリフが正しいか正しくないかのジャッジができないので、そこは意識してやりましたね。(撮影場所のカナダの)バンクーバーの街でも、歩いてぶつぶつと言いながらセリフを練習していたんですが、暗殺者のセリフなんで(通行人から)振り返られちゃって。これはいけないセリフだったんだと思いましたね(笑)」 ――秋元さんが思う『山猫は眠らない』シリーズの魅力を教えてください。 「ガンアクションを含めてアクションが魅力のシリーズだと思うんですが、シリーズが進むに従って、少しずつ毛色を変えてリニューアルしているという印象なんです。今回の監督は、もともとアメコミを描いているアーティストの方なので、今までとは違う魅力のある作品になっていると思います」 「そしてこの機会に、女性にも観てもらいたいですね。それで『8』を観て、強い女性はカッコいいかも。アクションって面白いかもと思ってもらえたら、『1』から振り返って、このシリーズのファンになってもらえたらうれしいなと思います」 文=壬生智裕 ヘアメイク:中畑薫 スタイリング:加藤万紀子 衣装提供:ブラウス、スカート/MSGM(アオイ)、ピアス、リング/apm MONACO(APM TOKYO 銀座店)

HOMINIS

【関連記事】