Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

第44回ホリプロタレントスカウトキャラバン募集開始、唯月ふうか「1歩踏み出してぜひ応募してください」とエール

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デビュー

 第44回ホリプロタレントスカウトキャラバン「未来のキング&クイーンを探せ!」ミュージカル次世代スターオーディションの募集が、本日9月1日10:00より開始された。 【写真】第37回大会で審査員特別賞を受賞し、女優として活躍中の唯月ふうか  今年で開催44回目を迎える「ホリプロタレントスカウトキャラバン」(通称TSC)は、榊原郁恵(※「榊」は正しくは”木へんに神”と表記します)、深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみら、錚々たるメンバーを輩出した伝統のオーディション。コロナ禍で舞台やミュージカル作品の多くが中止や公演延期を余儀なくされている今、この期間に次世代を担う新たな人材を発掘・育成するため、今までのTSCにはなかった“世界に羽ばたける次世代ミュージカルスター”を発掘するオーディションの開催を決定。  “スカウトキャラバン”というオーディション名の通り、例年のTSCでは日本全国を周り各地で地方予選を行ってきたが、今回はオンライン面談を中心としたTSC史上初のリモート審査に切り替え、オーディション応募者が安心してオーディションを受けられる環境のもとで審査を実施する。  同コンテストを見守る「スペシャルアンバサダー」に就任した市村正親は、「ミュージカルは歌って踊って芝居をして、三拍子揃わなくてはいけないというのが鉄則です。ですが、実は歌は芝居で、芝居は歌で、踊りもただ足を上げているだけではなく、実は芝居なんです。全ては芝居です。たとえ合格したとしても、その先が大変な世界です。甘いことは言えません。ミュージカルスターになりたいと本当に多くの人が今も思っていますから。コロナで大変な状況ですが、僕はいまだに『ミュージカルをやりたい!』と初めて思った頃の気持ちから、ミュージカルが好きな想いは変わっていません。お芝居が好きな人、興味のある人に是非応募頂きたいです」と、厳しくも温かい言葉で応募者にエールを送っている。  またミュージカル界で活躍する若手女優・唯月ふうかからは、「私はホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を頂いたのがきっかけで、ホリプロに入り、ミュージカルの虜になりました。劇場ならではの空気感、その瞬間でしか味わえない感動がミュージカルには沢山詰まってます。少しでも興味のある方、迷っている方、1歩踏み出して、ぜひ応募してみてくださいね!」とのコメントが届いた。  応募期間は9月30日(水)23:59まで。審査に関しては、1次選考(WEB応募資料審査)のち、2次・3次選考は10月下旬~11月下旬にかけて、オンラインを中心とした審査を実施。その後、4次選考として11月下旬に講師によるレッスンを通じた審査が行われ、12月中旬に都内会場にて決選大会を行い、グランプリが決定する。グランプリ受賞者には、賞金100万円が贈呈されるほか、ホリプロとの専属契約、各種レッスンの受講が特典として用意されている。  応募詳細は、公式サイトならびに、オーディションサイト『デビュー』にも掲載中。

【関連記事】