Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JR秋葉原駅に傘シェア「アイカサ」スポット設置

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 JR秋葉原駅に9月2日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」の傘立てが設置された。(アキバ経済新聞)  2018(平成30)年12月にサービスを開始した傘シェアリングサービス「アイカサ」。突発的な雨の際、ビニール傘を購入せずに、「アイカサ」スポットから傘を借りて利用し、雨がやんだら最寄りのスポットに返却するシステム。傘をレンタルすることで使い捨て傘(ビニール)の削減も目標に掲げている。現在展開しているスポットは約700カ所。都内全域と関東、関西、福岡、岡山、愛知などにある。  利用は、専用アプリを使って会員登録し、「アイカサ」スポット検索、レンタル、返却などを管理する。利用料金は通常プラン=24時間70円、使い放題プラン=月額280円。  今回新たに、秋葉原駅をはじめとしたJR山手線10駅に64台の傘立てを配備。これまで、西武線や小田急線など住宅街沿線各駅にスポットを設置し、最寄り駅から自宅まで利用するユーザーの需要に対応してきたが、東京で乗降客数が最多の山手線に設置し、通勤通学時や出掛け時の需要にも対応する。  乗車駅から降車駅までスポットを拡大することで、ユーザーが電車内に傘を持ち込まずに済み、車内に忘れられる傘の本数削減にも貢献していくという。  JR秋葉原駅の設置台数は3台。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】