Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ経て学生が選んだ「就職人気ランキング」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東洋経済オンライン

 「前例のない就活」。新型コロナウイルスの感染拡大によって、これまでにない採用・就職活動が展開されることになった。人が密集する合同会社説明会などのイベントは、早々に中止となり、オンラインによる説明会が実施されるようになった。 2021年卒生が就活後半に選んだ「就職人気ランキング」  緊急事態宣言発出後は、面接などの採用もオンラインで行われるようになり、一度も会社を訪れずに内定を得た学生も多い。3月までにインターンシップに参加し、会社との接点があった学生は、選考が進み早めに内定を得ていたものの、3月になってから活動を始めた学生は、なかなか内定が決まらない日々が続いた。

 ただ、内定率は前年並みに近づいている。ディスコのキャリタスリサーチが発表した8月1日時点の内定率は前年比4.5%減の83.7%。2021年卒の就職活動はほぼ終盤戦の様相となっている。 ■コロナ禍に就活した学生が選んだ就職人気企業  そんな中、2021年卒の学生が「就職したい」と選んだ企業はどこか?  それがわかるのが、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所が行っている「就職ブランドランキング調査・後半」の結果だ。

ランキングは、同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する2021年春卒業予定の大学生や大学院生を調査の対象に行っており、今回は約1万人から回答を得ている。就活生の企業選びは、前半はあこがれやイメージが先行するが、業界研究や面接などを経た後半は、より現実的に企業を見る傾向にある。その違いを調べるために年2回の調査を行っており、今回はその「後半」の就職人気ランキングを掲載した(前半の結果はこちら)。  ただ、このランキングにはもう1つの意味がある。それは「コロナ禍を経た就職人気ランキング」でもあるということだ。調査は3月中旬から6月末と、最初の感染のピークが訪れ、緊急事態宣言が発出されていた時期と重なる。コロナ禍の影響も考慮して学生は人気の企業を選んでいるということになる。

【関連記事】