Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「半沢直樹」土下座シーンがもはやプロレス!堺雅人&香川照之、体当たりの熱演に猛反響

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 日曜劇場「半沢直樹」(TBS系・日曜よる9時~)9話が20日放送され、クライマックスで堺雅人、香川照之が体当たりの熱演を見せた「土下座シーン」の話題で持ちきりとなっている(※ネタバレあり。第9話の詳細に触れています)。 【写真】強烈すぎる「半沢直樹」の悪役たち  前回・第8話のラストでは、半沢(堺)と同じく箕部幹事長(柄本明)を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)が、箕部の差し金により国税庁に異動させられ、半沢に「伊勢志摩ステート」というヒントを残し、バトンを渡したところで幕を閉じた。第9話では、半沢が新人時代の先輩で検査部部長代理の富岡(浅野和之)や大和田派の融資部・福山(山田純大)らの助けを借りて、「伊勢志摩ステート」から箕部への金の流れが記された決定的証拠をつかむべく奔走。しかし、ラストではその証拠が大和田取締役(香川)と中野渡頭取(北大路欣也)によって箕部の手に渡ってしまい、激高した半沢は3人に対して「1,000倍返し」を誓うという衝撃の展開を迎えた。

 話題の「土下座シーン」は、箕部が半沢に迫ったもの。しかし半沢は拒絶し、大和田が無理やり押さえつけるかたちで土下座させようとするが、もう少しで頭をつけようとした瞬間に半沢が大和田を跳ね飛ばし、その熱演はもはやアクションシーンといった趣。半沢の上に乗っかる大和田の画に、視聴者の間で「もはやプロレス」「見事な飛びっぷり」「おんぶバッタのよう」など騒然となっている。

 香川は放送後、Twitterに本シーンの裏話を以下のように明かしている。「第9話、長いラストシーンは無論、終日何度もくり返して撮影されました。土下座の場面も全部で7~8回はやったでしょうか…。元々は『全力で半沢を押さえつける』という台本のト書きでしたが、結局は大和田が半沢に覆いかぶさる『親亀・子亀』状態に。堺さんも私も翌日、もちろん筋肉痛でしたww」。このツイートには20分弱で5.2万件の「いいね」、850件を超えるリプライを集める猛反響を呼んでいる。

 来週はいよいよ最終回。半沢は帝国航空再建プロジェクトから外されてしまい、予告で編には「辞めさせていただきます」という姿もあるが、「1,000倍返し」を成し遂げられるのか。フィナーレの濃密なアンサンブルに期待したい。(編集部・石井百合子)

【関連記事】