Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バーバリー、20年1~3月期は27%減収 中国などアジアでは回復の兆し

配信

WWD JAPAN.com

バーバリー(BURBERRY)の2020年3月通期決算は、売上高が前期比3.2%減の26億3300万ポンド(約3449億円)、営業利益は同56.7%減の1億8900万ポンド(約247億円)、純利益は同64.0%減の1億2200万ポンド(約159億円)だった。営業利益と純利益の大幅な減少は、主に新型コロナウイルスに関連した修正項目によるもの。

なお19年度からは国際会計基準IFRSのリース会計において新基準(IFRS 16)が適用されるため、バーバリーもこれに準拠して全てのリース取引を「使用権資産」および「リース負債」として計上している。旧会計基準では、営業利益は同63.3%減の1億6000万ポンド(約209億円)、純利益は同64.9%減の1億1900万ポンド(約155億円)となる。

同社は3月19日に「新型コロナウイルスの影響に関するアップデート」というプレスリリースを発表しており、過去6週間の売り上げが前年同期比40~50%減であること、また3月後半における既存店ベースでの売上高が同70~80%減になると予想されることを述べていた。これらを踏まえて、20年1~3月期(第4四半期)の売上高は同じく既存店ベースでおよそ30%減になると見込んでいたところ、同27%減とほぼ予想通りの結果となった。

地域別の売上高では、アジア太平洋地域が前期比5.7%減の10億4050万ポンド(約1363億円)、欧州・中東・インド・アフリカは同0.3%増の9億6060万ポンド(約1258億円)、南北アメリカは同4.4%減の5億8490万ポンド(約766億円)だった。

マルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)最高経営責任者(CEO)は、「当社の新型コロナウイルスへの対応を誇らしく思っている。従業員と顧客の安全と健康を最優先しつつ、事業への影響を最小限にするべく迅速に行動したため、財務状況は健全で手元資金も8億8700万ポンド(約1161億円)と余裕がある。ソーシャルメディアなどの新たな方法で、顧客とのつながりをさらに強化することもできた」とアナリスト向けの決算発表会で語った。