Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハッキリ言って売れてない! でも「私乗ったらスゴイんです」な国産車3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

3)スズキ・エスクード

 1988年のまだクロスオーバーSUVという言葉もなかった時代に、「ライトクロカン」という乗用車感覚で乗れるRV車として登場し、一躍人気車種となったエスクード。4代目となる現行モデルは、今までのラダーフレームではなく、モノコックボディを持つモデルとして2015年に登場した。  本格的なRV車ではないが、新世代の四輪制御システムとなる「ALLGRIP」を採用し、スイフトスポーツにも採用された(チューニングは異なるが)1.4リッターダウンサイジングターボエンジンと相まって、クロスオーバーSUVながら痛快な走りを楽しむことができるモデルとなっている。  しかし、ボディサイズが先代よりも小さくなり、競合ひしめくコンパクトクロスオーバーSUVのカテゴリとなったことや、コアなファンがいたラダーフレームを廃止したこと、じつはハンガリー産の輸入車であることなどが影響したのか販売面では苦戦を強いられる結果となった。  このように、販売面では苦戦しながらも、乗ってみれば非常に素晴らしい出来となっているモデルも少なくない。もし、これらの車種が検討しているジャンルに合致するのであれば、一度試乗してみてはいかがだろうか。

小鮒康一

【関連記事】