Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡部建「妻を愛してる」は本当か?欲望に負ける不倫男の胸中とは/森林原人

配信

女子SPA!

 6月11日発売の『週刊文春』で、複数の女性と不倫が報じられたアンジャッシュの渡部建。さらに6月25日発売の同誌で独占インタビューを受けた渡部は、神妙な様子で「今でも妻を愛しています」と語りました。  裏で女性たちと遊びまくりながら、「妻を愛している」なんてありえるの?AV男優の森林原人さんはどう見るのか聞いてみました(以下、森林さんの寄稿)。

渡部の不倫に感じるのは、恋愛感情でなく欲望だけ

 愛の本質は感情でしょうか? 欲望でしょうか? それとも意志でしょうか?  昨今の流れからすると、芸能人や著名人の不倫がバレたら、家庭内の問題だけでは済まなくなるとわかっているのに、どうしてしてしまうのでしょうか? アンジャッシュ渡部さんによる“多目的トイレ不倫”を取り上げながら、愛の本質を考えてみたいと思います。(週刊文春の記事内容に基づき僕の独断と偏見で考察します。)  渡部さんがしていた不倫は、相手を1人の人間(女性)としてではなく“物”としていたところが特徴です。  相手の呼び出し方(いきなりホテルに呼び出す)、場所の選択(多目的トイレ)、セックスの内容(行為の内容)、渡す金銭の額や渡し方(10,000円をバッグの上に置く)、相手に投げかける言葉(「こんなにリピートするのはB子だけだよ!」)、帰らせ方(シャワーを浴びる間もなく追い出す)。ずばり、性欲処理の道具として活用していました。  渡部さんのこの言動の根っこにあるのは、恋愛感情ではなく性欲という欲望であり、欠けていたのは、相手にも自分と同じレベルで意思や感情があるという当たり前のことでした。

キーワードは「全能感」

 なぜこのような思考になったかを推測すると、“全能感”という言葉が思い浮かんできます。全知全能の神という言い回しをする時の“全能”感です。  渡部さんは、不倫相手に対して自分が上の次元にいる存在だと思っていたのでしょう。自分が人なら相手は物。相手が人だとしたら自分は神。上の次元にいる自分は全てをわかっており、下の次元にいる存在を思うがままにできるんだという全能感を持ってしまったのではないでしょうか。  それが「全能の俺はこれぐらいしてもいい」「全能の俺の秘密が暴かれることは無い」「全能の俺とセックスできる相手は恵まれている」といった錯覚を生み出しました。

【関連記事】