Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

決勝はハレプとプリスコバのトップ2シード対決に [テニス]

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テニスマガジンONLINE

 WTAツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/9月14~21日/賞金総額169万2169ユーロ/クレーコート)の女子シングルス準決勝が行われ、決勝はシモナ・ハレプ(ルーマニア)とカロリーナ・プリスコバ(チェコ)のトップ2シード対決となった。 BNLイタリア国際2020|PHOTOアルバム  第1シードのハレプが第9シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)に6-3 4-6 6-4で競り勝ち、第2シードのプリスコバはフレンチ・オープン準優勝者で第12シードのマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)との同胞対決を6-2 6-4で制した。  今大会に10年連続出場となる28歳のハレプは2017年と18年の決勝でいずれもエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)に敗れて準優勝に終わっており、3度目のチャンスで初タイトルを目指している。  28歳のプリスコバは昨年の決勝でジョハナ・コンタ(イギリス)を破っており、大会連覇に王手をかけた。  決勝で対戦する両者のジュニア時代からの対戦成績は、8勝4敗でハレプがリード。クレーコートでは1勝1敗で、直近の2試合はプリスコバが勝っている。  ダブルスは決勝が行われ、第1シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)がアンナ レナ・フリードサム(ドイツ)/ラルカ・オラル(ルーマニア)を6-2 6-2で下して今季4勝目を挙げた。(テニスマガジン)

【関連記事】