Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

平手友梨奈、ミセス「WanteD! WanteD!」サイドストーリーMVに欅坂46ファンも湧く理由 演出やパフォーマンスから読み解く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 平手友梨奈が、Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」のサイドストーリーバージョンのMVに出演。今年初の音楽活動として大きな注目を集めている。 平手友梨奈「WanteD! WanteD!」サイドストーリーMV写真  ソロとしての平手の音楽活動を振り返ると、2017年『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)にて平井堅「ノンフィクション」で踊ったコンテンポラリーダンスに始まり、2019年2月公開のSEKAI NO OWARI「スターゲイザー」MVへの出演、同年9月に公開された欅坂46での平手ソロ曲「角を曲がる」MVというのが彼女の代表的な経歴となる。  気迫に満ちたしなやかなダンスで常に観るものを圧倒してきた平手。「ノンフィクション」と「角を曲がる」の振付を担当したCRE8BOYはインタビューの中で「自分たちが付けた振りの持つパワーを倍にして返してくれるし、より高めあえる」(秋元類)、「僕らが作った枠組みに対して、その可能性をもっと広げてくる」(山川雄紀)とパフォーマーとしての平手を称賛している。「サイレントマジョリティー」から始まった欅坂46、平手友梨奈の物語の根幹にあるのは、これまでの常識を覆すクリエイティビティ。「ノンフィクション」でのパフォーマンスが3年経った今も語り草となるのは、想定を大きく飛び越えていったあの衝撃を誰しもが忘れられずにいるからだ。  平手とMrs. GREEN APPLEの出会いは、2017年8月に新木場スタジオコーストで開催された『未確認フェスティバル2017』。平手はフェスの応援ガール、Mrs. GREEN APPLEはゲストライブとして出演。そのステージで披露していたのが「WanteD! WanteD!」だった。当時、『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)「GIRLS LOCKS!」の放送でパーソナリティーの平手は、ライブの打ち上げに参加し、メンバー5人と「サイレントマジョリティー」や「不協和音」を踊ったことを明かしている(参考:SCHOOL OF LOCK! 未確認フェスティバル2017ファイナルステージ振り返り♪)。その後も親交を深め「WanteD! WanteD!」は平手にとって一番好きな楽曲になっていった。  MV公開後の反響を見ていると、コラボレーションとして平手やミセスのほか、欅坂46のファンからも絶賛の声が上がっている。MVのストーリーとしては、2017年に公開された「WanteD! WanteD!」のMVとリンクしている点、平手のパフォーマンスに注視すると、これまでのキャリアの集大成とも言える陰と陽、2人の人物像が見えてくる。  表現のベクトルは違うものの、近しい作品が「角を曲がる」。鬱々とした平手と柔和な笑みを浮かべる平手、2人が対峙する作品だが、「WanteD! WanteD!」では自分の弱さから逃げる平手と弾けた笑顔で夜の街に溶けていく平手が対照的に描かれている。海辺でカメラに向けて舌を出し、咆哮する平手の姿は新境地と言っていい。  今回の「WanteD! WanteD!」MVで特筆すべきは、舞台が渋谷の街であること。間奏からDメロにかけて、平手がスマホを向ける場所は渋谷ストリームだ。「サイレントマジョリティー」MVは、再開発中の渋谷駅工事現場で撮影され、後に渋谷ストリームが完成。渋谷ストリームのオープンイベント、併設の渋谷ストリームホールのこけら落としは欅坂46が担当している。そんな平手にとっての始まりの地から、再び音楽活動を歩み出す姿と〈僕らは生きている〉という歌詞が力強くリンクしていく。 〈間違いながらも/逃げるのに慣れて/【愛】に気づけなくなっている〉 〈いつか綺麗な/大人になれるかな〉  ラストは口ずさむ平手が自身を抱きしめ、夜空の流星を鋭い眼光で見上げる。表現者・平手の存在を改めて照らし出す、「WanteD! WanteD!」はリスタートに相応しいコラボレーションだ。

渡辺彰浩

【関連記事】