Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

開発者に聞く!巨人軍ユニホームの秘密とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポチュニティコラム

2019年、読売巨人軍は5年ぶり37度目のセ・リーグ優勝を果たした。 4年ぶりに原辰徳が監督に復帰。MVPに輝いた主将の坂本勇人を中心に、広島東洋カープからFAで加入した丸佳浩・若き4番の岡本和真らの活躍で、リーグ最多の得点・本塁打数を誇る強力打線を形成。 投手陣はエース・菅野智之が故障に苦しみながらも11勝を挙げ、中川皓太・桜井俊貴の両投手が台頭し1年間フル回転した。2020年、連覇に向けたシーズンが始まった。(以上、敬称略) 覇権奪回の裏には選手のプレーを最大限に引き出した“戦闘服”の存在があった。今回は巨人軍を支えるこの戦闘服にフォーカスし、パフォーマンスの源に迫る。 インタビューには、アンダーアーマーの正規日本ライセンシーである株式会社ドーム 生産管理部の矢澤隼人チームリーダー、山中優衣さんに協力いただいた。(肩書は20年1月当時) 取材協力:読売巨人軍、(株)ドーム

2015年「世界基準」のパートナーシップ契約締結

遡ること14年12月22日、読売巨人軍と株式会社ドームがパートナーシップ契約を締結することが発表された。 「巨人軍が世界一のチームになる」というビジョンの下、ブランド力やマーケティング力を組み合わせ、巨人軍が世界一のプロスポーツチームになることを目指して手を組んだ。 これに伴い、15年シーズンよりアンダーアーマー提供のユニホームになり、新たなデザインに変更された。 「巨人軍は常に紳士たれ」という故・正力松太郎氏の遺訓。 「ユニホームは戦闘服でもあるが、タキシードでもある」という原辰徳監督の想い。 この2つを基にして製作されている。 戦後初めて胸に「TOKYO」の文字をあしらった1953年のデザインがモチーフとなっている。東京を象徴する存在になるという意味を込め、当時13年ぶりに「TOKYO」がビジターユニホームに復活した。 17年には「原点回帰」をテーマに、素材やカラーを大幅にリニューアル。特にビジター用は、1953年そして巨人軍の前身である大日本東京野球倶楽部で使用されていたグレーを採用した。

【関連記事】