Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

食事・学習・健康管理…子育ての味方「ベビテク家電」

配信

NIKKEI STYLE

家電の進化をキーワードで解説する本連載。今回取り上げるキーワードは「ベビテク家電」です。核家族化が進み、子育ての人的リソースが不足している今、子育て(ベビー)を支援する技術(テクノロジー)である「ベビーテック」が注目されています。技術の進歩とともに、日々進化する「ベビテク家電」について、家電コーディネーターの戸井田園子さんが解説します。 ◇  ◇  ◇ 新型コロナウイルスの感染リスクを軽減するため、テレワークを推進する企業が広がってきています。また、学校が休校になっている地域では、自宅で仕事をしながら子育てしなければならない状況になったご家庭も増えていることでしょう。そこで注目されているのが、子育てを支援する技術「ベビーテック」を使った「ベビテク家電」です。 「ベビーテック」とは、その名の通り「子育てを支援する技術」のこと。「ベビーテック」という言葉が登場したのは、2016年に米国で開催された世界最大級のテクノロジー見本市である「CES(Consumer Electronics Show)」。日本でも、19年から「ベビーテックアワード・ジャパン」が開始されました。どちらも以下の5部門に分けて家電を紹介しています。 1.Baby Eats(赤ちゃんの食事) 2.Baby Learn & Play(赤ちゃんや幼児の学習と遊び) 3.Baby Safety (赤ちゃんの安全) 4.Healthy Baby(赤ちゃんの健康管理) 5.Fertility & Pregnancy Help(不妊治療と妊婦さんの支援) ベビーテックは、米国ではすでに大きく伸長しています。米国と比べると、日本のベビテク家電市場はまだ大きくありませんが、この流れは、間違いなく日本にもやってきます。20年は「ベビテク家電元年」になるかもしれません。 そこで、現在、日本でも手に入るベビテク家電を見ていきましょう。

【関連記事】