Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

聖火コース清掃しウオーキング 小矢部、来年の五輪盛り上げ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 小矢部市内の2021年東京五輪聖火リレーコースをごみ拾いしながら歩くイベントが29日、同市のクロスランドおやべを出発点に行われ、約30人が2・5キロのコースでウオーキングを楽しんだ。  同市体育協会(中嶋秀明会長)が、来年6月に予定されている市内の聖火リレーコースに親しみ、五輪を盛り上げようと企画した。クロスランドおやべで出発式を行い、中嶋会長が「来年の五輪やスポーツ大会が無事開催されるよう祈りながら歩きたい」とあいさつした。  参加者は40代~80代で、ごみ袋やごみ挟みを手に出発した。同市経田のゴール付近まで国道471号の歩道を歩き、吸い殻などを拾い環境美化に努めたほか、聖火引き継ぎポイントなどで塚田三四治同体協専務理事から説明を聞いた。84歳で最高齢参加者の伏木重徳さん(高岡)は「健康と楽しみのために参加した」と笑顔で話した。

【関連記事】