Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIがTOHOシネマズの音響を監修

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOVIE WALKER PRESS

多摩モノレール立飛駅前に開業するTOHOシネマズ 立川立飛(9月10日オープン)。このたび同施設の音響監修を、LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIが担当していることがわかった。 【写真を見る】劇場に最適な形で設計されたスピーカーが、良質な音響空間を創りだす“プレミアムシアター” 日比谷のプレミアムシアターに日本初となる“カスタムオーダーメイドスピーカー”を導入するなど、これまで “最高の鑑賞環境”を目指した音響づくりを続けてきたTOHOシネマズ。映画ファンでもあるNAOKIは日比谷の音響に惚れ込み、自身のライブツアーでも同じ仕様のカスタムスピーカーを採用するなど、以前からTOHOシネマズの音響環境を高く評価していたそう。 そしてこのたび、劇場の“新たなる挑戦”として、日本初の映画(劇場)と音楽(トップアーティスト)のコラボレーションが実現。NAOKIのこだわりが存分に発揮された自然でクリアなサウンドにより、作品本来の持つ“忠実な音”を大音量で体感できるハイクオリティな劇場空間を生みだすことに成功した。それは映画だけでなく、音楽コンテンツなどのライブビューイング上映においてもベストな音響環境を提供してくれる仕上がりとなっている。 NAOKIは今回の音響監修について「劇場特有の“音のズレ”を徹底的に解消したこのスクリーン(プレミアムシアター、轟音シアター)では、すべてのスピーカーからの音が耳の前でピタリと一つに聴こえます。“一つの音”が滲むことなくちゃんと一つに聴こえるということ。これが“体温を感じる自然なセリフ”と“最大限のダイナミックレンジ(音の強弱)による繊細な表現”を可能にし、映画作品本来の持つポテンシャルの発揮を実現しました」とコメント。TOHOシネマズとトップアーティストの共同作業により完成した極上のサウンドを、ぜひTOHOシネマズ 立川立飛で味わってみてはいかがだろうか? <アーティスト コメント> ●NAOKI(音響監修) 「イチ映画ファンとして、これまで数々の映画館で様々な作品と出会ってきたなかで、芸術文化の集合体ともいえる映画において“音の質”の重要性を強く感じてきました。この素晴らしいチームに参加できたことを光栄に思います。今回、映画館として世界トップクラスの音響技術のノウハウをお持ちのTOHOシネマズさん、ジーベックスさんと共同作業をするにあたり、これまで映画業界にはあまり反映されてこなかったレコーディングの世界でのイコライジングの技法とスピーカーチューニングの在り方を提案させていただきました。 無数のスピーカーが設置される大型の映画館では、音が各スピーカーから客席に届く距離のズレからどうしてもディレイ(遅延)が発生します。今回プレミアムシアター、轟音シアターではこのディレイを排除するために、“人の耳”による10万分の1秒単位での各スピーカーの再生開始時間の調整を実現しました。劇場特有の“音のズレ”を徹底的に解消したこのスクリーンでは、すべてのスピーカーからの音が耳の前でピタリと一つに聴こえます。“一つの音”が滲むことなくちゃんと一つに聴こえるということ。これが“体温を感じる自然なセリフ”と“最大限のダイナミックレンジ(音の強弱)による繊細な表現”を可能にし、映画作品本来の持つポテンシャルの発揮を実現しました。 “音を体感する”轟音シアター、“最上級スペックで名画を味わう”プレミアムシアター、TOHOシネマズ、ジーベックスの皆さんとチーム一丸となって“日本一の映画館”を目指して挑んだTOHOシネマズ 立川立飛をお楽しみください」 文/トライワークス

【関連記事】