Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

持病が3つ以上で5倍…欧米データから見た重症化しやすい人【コロナ第2波に打ち勝つ最新知識】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【コロナ第2波に打ち勝つ最新知識】#27  経済再生、東京五輪実施に向けて政府は10月1日から入国制限の緩和を始めた。まずはビジネスマン、留学生などの中長期滞在者が対象だが、「新型コロナ感染者の8割が軽症」を理由に早めに観光客受け入れ解禁になるかもしれない。感染リスクが高まる中、せめて重症化を回避するにはどうすればいいのか?  新型肺炎(新型コロナウイルス感染症=COVID―19)が日本に上陸してはや9カ月になろうとしている。当初は武漢から報告された感染急増と医療崩壊による新型肺炎の凄まじい死亡率が世界に恐怖を与えた。その後、米国のニューヨークや北イタリアなどで同様の状況となり、この新型ウイルスの致死率は数%に上るとも推測された。  一方、感染しても無症状や軽症の患者が多いこともあり、このウイルスの危険度に関する認識には専門家にすら大きなばらつきがあり、世界中で行政や医療の対応は混乱を極めた。  感染流行当初から若い人では重症化しにくいことが分かっていた。また、軽症や無症状の人からも感染することがあるとも報告されていた。さらに、飛沫や接触のみでなく、広義の空気感染があることも知られていた。従って、発熱した有症者と限られた濃厚接触者を追跡するクラスター対策や有症者のみにPCR検査を限定する感染防護方針に限界があることは予想できたはずである。このことを理解しつつも油断していた欧米では、不顕性感染の急拡散で悲惨な状態となったが、我が国では、徹底したマスク着用や手洗い・消毒といった清潔な生活習慣のおかげで何とかパニック的感染爆発は免れた。  さて、当初からどのような人が重症化するのか、そのリスクについて世界中で研究されてきた。たとえば中国や米国での研究により、高血圧症、糖尿病、肥満、心血管病、腎臓病などが危険因子として報告されてきた。米国疾病対策センター(CDC)の報告では最大の危険因子は年齢で、18~29歳の若い人に比べ、65歳以上では5倍以上の入院率、90倍以上の死亡率であった。  持病によるリスクで見ると、死亡率が高くなるのは高血圧症、肥満、糖尿病で3倍、腎臓病で4倍、3つ以上の病気があると5倍といわれている。個々の病気などでのリスクは次のようにいわれている。 ●脳血管疾患:重症化リスク1・8倍、死亡リスク2・4倍 ●高血圧症:重症化リスク2倍、死亡リスク2・2倍 ●肝疾患:肝硬変の重症度に伴い死亡リスク増加(最大28倍) ●妊娠:1・7倍、人工呼吸器が必要になる ●喫煙:重症化リスク1・9倍  しかし、これらは先に述べた通り、海外でのデータによるものである。新型コロナの発生源に近い日本では10月4日現在、8・5万を超える感染者が出ているにもかかわらず、なぜか独自のデータに基づく重症化リスクの大規模な分析結果は国民に伝えられてこなかった。  その理由はPCRなどの検査の制限により、感染者数や患者の病態の正確な把握が困難なため、信頼に足る感染患者のデータを集めるのに困難を極めたことと推測される。  しかし、ようやく国立国際医療センターがまとめた「COVID―19に関するレジストリ研究」が公表された。9月28日時点で研究参加施設802、レジストリ登録症例数1万48例を基に、現在も分析が続いている研究の中間報告である。 =つづく (東丸貴信/東邦大学名誉教授、平成横浜病院健診センター長)

【関連記事】