Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山下智久、活動自粛でインスタアカウントが“ファンの聖地化”していた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

『青春アミーゴ』から15年、山下智久と亀梨和也がまさかこんなことになるなんて……! 『文春オンライン』による“女子高生との飲酒報道”でふたりがそれぞれ活動自粛・厳重注意との判断を下された。 【写真】プライベートでブロンドヘアの美女とデートをする山Pが超クール  処遇の差が出ているのはもちろん、山Pだけが“女子高生モデル”をお持ち帰りした流れがあってのことだろう。ホテルから出てくるところを撮られたと気づいた瞬間に《情けないぜ 助けてくれ 例の奴等に追われてるんだ》とアミーゴ・亀梨に電話をかけたのかどうかはわからないが、とにかく、『修二と彰』にはっきりとした明暗がついた。  ツイッターでは山Pファンと思しきアカウントがその女子高生モデルを特定し、叩くという、今やおなじみとなった目も当てられないネット粛清が散見。なかには記事中の現場写真に写り込んだ“チラシ”や“自動販売機”から一緒に飲んでいた店舗を特定する猛者のツイートも拡散されていた(なんのため?)。

山Pに送るマザー・テレサの言葉

 そんなネット地獄のなかで、同じSNSでも全く異なる様相を呈している場所があった。山Pインスタグラムのコメント欄だ。  最新の8月2日の投稿が48000件以上(8月20日現在)ものファンのコメントで埋めつくされているのだが、注目すべきはその内容がほぼ“山Pへのエール”で埋め尽くされているということ。ネガティブな意見も多いツイッターとはまるで別世界。  代表的なのは、想いの丈を綴った(長文多し)あとに「待っているよ」「私たちが支える」と締めるエール系。別種では、過去に実物の山Pと会ったことのある人が神対応を受けたエピソードを披露したり、苦境に立たされる彼にマザー・テレサの言葉を贈るものまで。  あふれる想いとそれを伝えるバリエーションの豊かさ……ツイッターの不特定多数にむけるつぶやきとは違い、本人に直接語りかけようとする文体がまるでファンレターのようだ。山下とファンの絆の強さが伺えて、関係のない私までなんだかウルっとくる。  ほとんどのジャニタレが個人のSNSアカウントを持つことが許されていないなか、誰よりも早く開設を許されたのがこの山下智久だった。現在、発売中の『日経エンタテインメント』(2020年9月号)で表紙を飾っている彼は、SNSとの付き合い方について、このように語っている。 《手紙のつもりで書いてます。こんなことをしているとか、こういうふうに生きているとか、文通しているようなつもりで。手紙がなくなりつつあるからこそ、なおさら》  まさに、このスタンスに呼応して今度はファンから山下へと手紙をしたためているということか。しかし、コメント欄を読み進めていくと、ある傾向に気づく。それは、“自粛に至った経緯”について極力触れまいとする姿勢だ。

【関連記事】