Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

部活に入れ込み離婚危機 生徒を思う気持ちは伝わるけれど…先輩を見て戸惑う新米教師マンガで描く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

画家になる夢を持ちつつ教職に就く主人公・「新米くん」が、勤務先の高校での生活を通じて成長していく姿を描くマンガ「あなたそれでも教師ですか」。新米くんの同僚でバレー部顧問の向井先生は、私生活をなげうってでも部活に全力を尽くす先生です。離婚危機を迎えても、部活動を優先する向井先生の姿を見た新米くんは戸惑います。作者でインスタグラムを中心に作品を発表している、イラストレーターのしろやぎ秋吾さん(@ siroyagishugo)に、このシリーズを描き始めた理由を聞きました。 【マンガ本編はこちら】部活に入れ込む向井先生、離婚危機を告白 私生活を犠牲にする働き方に、新米くんは

朝練後の職員室、すでに疲れている先生

主人公は、「お金のため」と割り切って高校美術科の講師となった新米くん。同僚の向井先生は、男子バレー部の顧問です。 朝練を終えた向井先生は、ジャージー姿で職員室の扉を開けますが、朝礼の段階ですでに疲れています。 他の先生たちから「おはようございます」とあいさつを受ける中、「おくれてすみません」と返す向井先生。 隣の席の先生からは、「毎日朝練がんばりますねー」とねぎらう声がかけられます。

生徒を思う向井先生、でも家庭は

朝練が終わり、席についた向井先生を、隣の先生は心配します。 「バレー部、土日も休み無しでやってて、奥さんうるさいんじゃない?赤ちゃんも小さいんでしょ?」。向井先生、部活動の指導にはかなり力を入れているようです。 そこで向井先生は、まさかの告白をします。 「実は…離婚届突きつけられちゃいました…」 これには隣の先生も「ええ!!大丈夫!?」と驚きます。 ただ、向井先生の心は完全に生徒たちの方に向いているようで…。 「いいんです。今が大事な時期なんですよ」 「最近やっと生徒たちも保護者もボクのことを信頼してくれるようになってきたんです」 向井先生、部活指導と引き換えの家庭不和を受け入れていいのか…いいんだろうか…。 「生徒も保護者も信頼してくれるようになってきた」の言葉がずしんと重く響きます。 向井先生は続けます。 「それにみんな確実に成長している。今のばしてあげないで、いつやるんですか」 この言葉を聞いた隣の席の先生は「向井先生…」と、下唇をかみしめ、涙を浮かべ感極まった表情です。

【関連記事】