Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中条あやみ、山里亮太原作のドラマに出演!「中条あやみ役を演じる日が来るとは思ってなかった」<あの夢>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

仲野太賀が主演を務めるドラマ「あのコの夢を見たんです。」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)が10月2日(金)よりスタートする。 【写真を見る】「山里さんに見える!」大原櫻子もびっくりの仲野太賀の役写真 南海キャンディーズ・山里亮太原作の同名短編小説を映像化した作品。実在する女優やアイドル、モデルたちのイメージを基に、誰もが一度は思い出す青春の1ページから、淡くも切ない恋愛小説など、多種多様な展開が魅力のオムニバスドラマだ。 小説の中から厳選したエピソードの他、山里が新たに書き下ろしたエピソードもドラマ化される。 山里亮太(仲野)が描く想像の世界に登場する出演者は、中条あやみ、芳根京子、森七菜、飯豊まりえ、大原櫻子、山本舞香、大友花恋、白石聖、鞘師里保、池田エライザの10名。 森、白石、鞘師が出演する物語は、山里が新たに書き下ろしたエピソードとなる。 本記事では、中条、芳根、森、飯豊、大原のコメントを紹介する。 ■ 中条あやみコメント 山里さんが小説に中条あやみの妄想を書いてくださった時はとてもうれしかったのですが、まさか自分で中条あやみ役を演じる日が来るとは思ってなかったので、今回のお話をいただけてとてもうれしかったです! 演じた役に関しては、山里さんがもしかしたら実際に、私にこの様なイメージを持ってくださってたりするのかなと思ったのですが、最後のオチがクスッと笑える終わり方で面白かったです。 共演した仲野太賀さんとは、8年前に作品でご一緒させていただき、いい意味でお互い変わらないですねと盛り上がりました。山里さん役ということで赤いメガネ姿もとても似合ってました。最後までモヤモヤとするお話しをぜひ、楽しんで見ていただけたらと思います! 「追いかけたいの!」…モテモテの高校生・中条あやみ。告白され続ける生活に疲れ果て、「一度でいいからフラれてみたい」という願望を持つ。そんな時、「振られ屋」という謎のメールが届く。 ■ 芳根京子コメント まだデビューして間もない頃に書いていただいて、飛び跳ねるほどうれしかった記憶があります。今回、この企画に参加できると聞き、頑張ってきて良かったなという気持ちと未知の世界に飛び込むワクワク感がありました! 内容も期待を裏切らないぶっ飛び方で、どんな空気感で、衣装はどんな感じで、どうやって撮るんだろうと楽しみでした。誰かに必要とされることでつく自信というものを、学生時代に経験したことがあります。なので重なるものを感じた作品でした。 共演した太賀さんとはたくさんお話しさせてもらいました。撮影期間は3日間だけでしたが、これだけ現場の居心地が良いのは太賀さんの人柄なんだろうなと思い、感謝の気持ちでいっぱいです。 本当に笑顔が絶えない現場で、改めてこういう作品ってすてきだなぁと何度も思いました。何も考えず、純粋な気持ちで楽しんで見ていただけたら幸いです! 「そして伝説へ…」…世界を支配した魔王が滅ぼされてから、30年後。芳根京子はナースとして、現役を引退した光の騎士の一人・山里と共に診療所で働いている。ある日、魔王が復活したという知らせが届き、ひょんなことから京子は勇者になってしまう。 ■ 森七菜コメント 出演させていただくにあたって山里さんが、このドラマのために新規で書き下ろしてくださるということにびっくりしました。どんな役柄の私を演じることになるのか、ワクワクしたのと同時に山里さんからの私のイメージがどんなものなのか怖いところがありました。極悪非道の役だったらどうしよう…と(笑)。 実際、台本を読ませていただいて、すてきな物語でとってもうれしかったのと、セリフの中に顔が清純派ヒロインと書いてくれていたところがとにかくうれしかったです。毎シーン毎シーン演じるのが楽しかったです。 仲野太賀さんとは2度目の共演で、1度目共演させていただいた時に、撮影日数が短い中、一緒にお芝居するのが楽しくて、私のことを気遣ってくれたり、とても優しいすてきなお兄さんという印象がありました。また一緒にお芝居させていただけたらと思っていたので、再共演させていただけるのはすごくうれしいことでした。 今回も一緒にお芝居するのが楽しかったです。森七菜が演じる森七菜、山里さんに映る私はみなさんの目にどう映るのでしょうか。夏の終わりに、透明な夏の中の思い出を楽しんでいただけたらと思います。 「透明人間」…※新規書き下ろし。物語のキーワードは“清純派ヒロイン”。 ■ 飯豊まりえコメント 今回、10代の頃からお世話になっている山里さんの作品の一部になれること、そして枝監督とも初めてご一緒できたこと、恐悦至極に存じております。他の作品も少しだけ待ち時間に読ませていただいたのですが、山里さんが一人ひとりに感じられているであろうイメージが、そのまま作品として色がくっきり出ていて。そうわかる、そんなイメージがあるよねぇ…と山里さんすごく鋭いところを妄想してるなぁと感じました。 「B.L.T.」の連載の記事を読ませていただいた当時からすてきな物語だなぁと思っていまして、ぜひやらせていただきたいと思いました。 一緒に共演した仲野さんは、お会いする前にお世話になっているプロデューサーさんから、すごく優しくて、誰からでも愛される方とお聞きしていたのですが、そのままでした。前日も撮影で、連日大変なスケジュールの中、疲れた表情も見えなかったですし、長ぜりふもこなされて、どんな役柄も瞬時に自分のものにされていて、さすが! これがみんなが大好きな仲野さんか! と思いました。 私のストーリーは、ファンタジーの中に深いメッセージが込められていると思います。“簡単にやり直せる人生よりも起きた事実をこれから好きに変えてみる”という人生の方を私は選ぶと思います。この作品をご覧になってくださった方のご自身の人生が、さらに愛おしく思えるきっかけになりますように。 「その涙のあたたかさは。」…大好きだった彼への告白に失敗した飯豊まりえ。家で後悔していると、小さな男が部屋に現れ、“リセットボタン”なるものを渡してきた。まりえは、おそるおそるボタンを押してみる。 ■ 大原櫻子コメント 大原櫻子役を演じていただきます! とお聞きしていたので、「ありのままの自分でいいんだ!」と勝手に解釈していたら…風船ガムの妖精でした(笑)。 台本を読みながらキャラクターを構築し、自分の中で「外見のイメージ」が出来上がった段階で監督にお話ししたら、「いいね!」と受け止めてくださったので、ホッとしました。 太賀さんとは以前、ドラマでご一緒して以来、久々の共演です。現場でお会いする度に、本当に山里さんに見える! 赤メガネ・グレーのジャケットの外見的な印象だけじゃなく、役作りがすごいなぁと改めて感じました。私の出演回は、難しいことを何も考えずに、リラックスして見ていただける作品になっていると思います。ぜひ! お楽しみに! 「フウセンガム」…フウセンガムをいつもかんでいる妖精・大原櫻子。突然、山里の前に現れ、ガムを膨らませて割ると、山里の黒い感情をフッと軽くしてくれるという不思議な力があった。 ■ あらすじ お笑い芸人・山里(仲野)は、ネタ作りのため、とある喫茶店に入る。そこで繰り広げられる店員、テレビ関係者、マネジャー、イケメン会社員とのささいな出来事。ちょっとしたことが気になり、山里のイライラは限界に達する。眼鏡を上げてノートを開き、実在する女優を主人公にした物語をノートに書き始める。山里にとって現実逃避は、嫌なことを忘れられる“夢の時間”だった。(ザテレビジョン)

【関連記事】