Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

緑鮮やか、磯の香り すき昆布作りが最盛期

配信

岩手日報

 普代村特産のすき昆布作りが最盛期を迎えた。つやつやと緑色に輝き、加工場には磯の香りがいっぱいに立ちこめている。  同村太田名部の漁業太田文吾さん(86)は22日、同村上の山の加工場で長男和志さん(60)ら8人と作業した。前日夜から太田名部漁港沖で水揚げした養殖コンブ約1トンをボイルして細く裁断。木枠に敷き詰め、約8時間乾燥させる。  和志さんは「今年のコンブも例年通りの良い出来だ。いろいろな料理で楽しんでほしい」と笑みを浮かべる。

【関連記事】