Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

13型ノート「MateBook 13 2020」レビュー - メインを張れるCore i7モデル

配信

マイナビニュース

ファーウェイ・ジャパンの新型ノートPC「HUAWEI MateBook 13 2020」(以下、MateBook 13 2020)が発売されました。13型ディスプレイでコンパクトボディのシンプルなPCで、コストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。 【ベンチマーク】内蔵SSDをCrystalDiskMarkで計測。RND4K(Q32T16)がリード約1.6MB/s、ライト約1.3MB/sと高速 コンパクトで使いやすいボディ MateBook 13 2020は、その名の通り「MateBook 13」シリーズの新製品です。ディスプレイのベゼル幅は約4.4mmと極細で、画面占有率は約88%。ほとんど全部が画面で覆われています。アスペクト比3:2の画面は可搬性にも貢献しており、フットプリントもコンパクト。本体サイズは約W286×D211×H14.9mm、重さは約1.3kgとなっており、昨今の超軽量ノートPCほどではありませんが、それほど苦労なく持ち歩ける本体です。 2K(2,160×1,440ドット)という高解像度と狭額縁による「フルビューディスプレイ」はは従来通りで、sRGB 100%の広色域やコントラスト比1000:1によって、写真や映像表示にも優れています。高解像度のため、Windowsのディスプレイ設定の表示スケールは推奨で150%です。仮に100%にしても4Kディスプレイほどの極小表示にはならないので、視力や見やすさで表示スケールを設定するといいでしょう。 スペック違いで2モデルがあります。第10世代Intel Core i5-10210Uモデルは、メモリが8GB、ストレージが512GB(PCIe SSD)、グラフィックスがCPU内蔵のIntel UHD Graphics 620で、実勢価格は120,000円前後。第10世代Intel Core i7-10510Uモデルは、メモリが16GB、ストレージが512GB(PCIe SSD)、グラフィックスがNVIDIA GeForce MX250、実勢価格は160,000円前後です。 上位のCore i7モデルは、メモリ容量や外部GPUによって性能向上が図られています。バッテリー駆動時間は、Core i5モデルが約12.4時間、Core i7モデルは約13.1時間です。Core i7モデルは、重さが約1.32kgと少し重くなっています。 今回試用したのはCore i7モデルで、パフォーマンス重視ならこちらを選びたいところ。動画や画像の編集にも過不足ありません。Core i7モデルはメモリが16GBなのもポイント。8GBは今や最低ラインともいえ、16GBなら安心感が高くなります。 本体左右にはUSB Type-Cポートを搭載。左側はUSB 2.0で充電とデータ転送のみですが、右側はUSB 3.0でDisplay Portとデータ転送をサポートしています。さらに付属のMateDock 2をUSB Type-Cポートに接続すると、USB Type-A×1、USB Type-C×1、HDMI×1、VGA×1を拡張できます。 テレワークで重要なWebカメラは、極細の上部ベゼルに埋め込まれています。約100万画素とそれなりのスペックで、決して高画質ではありませんが、Web会議などでは問題ないでしょう。もちろんマイクとステレオスピーカーを装備しており、音質は良好です。 キーボード部右上には、電源ボタン一体型の指紋センサーを搭載。電源を入れると同時にWindows Helloによるサインインも行われるため、安全で扱いやすい仕様です。試用機のキーボードは英語配列でした。キー配列は一般的で、キーピッチも十分確保されています。薄型のキートップですが、このクラスのキーボードとしては特に問題ないタイプ感です。トラックパッドは横長のサイズで大型。反応もよく、動作は快適です。 最上段のファンクションキーは、Fnキーとの組み合わせで各種ショートカットが利用できます。画面の明るさやキーボードのバックライト、音量、無線LANのオンオフなどです。設定を行う「PC Manager」アプリから、Fnキーを押したときにショートカット、単独でファンクションキーとして動作するか、あるいはその逆かを設定できます。 PC ManagerとOneHopでスマートフォンと快適連携 ユーティリティのPC Managerは、ドライバのアップデートやハードウェア診断といった機能を持ちます。電力管理によって、充電を100%まで行わない「いたわり充電」が選べたりと、便利なソフトです。 MateBookならではの注目機能が「OneHop」です。ファーウェイ製のスマホと連携し、キーボードレストの右側に配置されたNFCにスマホを置くと、各種の連携機能が使えます。対応するのはファーウェイ製スマホだけですが、ファーウェイ製スマホを使っているなら、かなり便利な機能です。 OneHopで利用できるのは、画像やオフィスファイルの転送、スマホ画面のミラーリングなどです。使い方は簡単で、写真アプリで写真や動画を選択し、NFC同士をタッチするだけ。 オフィスファイルの場合は、スマホ側で編集(無料オフィスアプリWPS Office)しているファイルが、スマートフォンのタッチでMateBook 13 2020に転送され、PC側でMicrosoft Officeが自動的に立ち上がります。ドキュメントの場合はWord、スプレッドシートの場合はExcelが起動します。 逆に、MateBook 13 2020のMicrosoft Officeで編集している状態でOneHopを使うと、そのファイルがスマホに転送されて、スマホ側でWPS Officeが立ち上がります。用途としては、MateBook 13 2020で編集していたファイルをOneHopでスマホに転送して外出、電車内で編集を続けて社内に戻ったら、またOneHopを使ってMateBook 13 2020に戻して編集を再開する――といった使い方が考えられます。 マイクロソフトのMobile OfficeとOneDriveを利用すれば、最新のファイルをスマホでもMateBook 13 2020でも編集できますが、OneHopの魅力はインターネットを必要としないこと。アカウントの設定なども不要なので簡単です。 OneHopのミラーリング機能では、スマホとMateBook 13 2020をタッチすると接続要求が表示され、許可するとスマホ画面がMateBook 13 2020上に表示されます。スマホ画面をMateBook 13 2020のタッチパッドで操作したり、文字入力をキーボードで行ったりできて利便性が高く、クリップボードの共有機能も便利です。 ファイルの転送機能もあり、MateBook 13 2020からスマホ、スマホからMateBook 13 2020へと、ファイルをドラッグ&ドロップでコピーできるのは強力です。クラウドストレージを使えばPCとスマホでファイル共有できますが、OneHopはWi-Fi Directで転送するため、高速なのがメリットです。アカウントの設定もいらず、接続も簡単なので、MateBook 13 2020とスマホでファイルのコピーが簡単に行えます。スマホで撮った大量の写真を、MateBook 13 2020へコピーするといった場面で有用です。 仕事もゲームも可能なバランスの取れた製品 パフォーマンスに関してはいくつかベンチマークも実施しましたが、「デスクトップ向けの高性能GPU」にはさすがに及びません。ベンチマークソフトを実行すると、ものすごい勢いでファンが動き、それなりの騒音レベルになります。普段は抑えめですが、重い作業を実行するとファンが動作してパフォーマンスを維持するようです。 外部GPUが効いてくるゲームやアプリケーションであれば、CPU内蔵グラフィックスよりも高いパフォーマンスを発揮します。動画を扱う場合は特に有効でしょう。アドビのLightroomやPhotoshop、一部の動画編集ソフトなども外部GPUに対応しているので、そうしたソフトウェアを使っているなら、GeForce MX250を搭載するCore i7モデルがオススメです。 また、ビデオ会議をしている場合、例えばZoomではそれほどGPUを使いませんが、画面共有やホワイトボード使用時にGPU利用率が上がります。CPU利用率も跳ね上がりますが、外部GPUがあることで負荷が分散し、パフォーマンスに余裕が生まれるのはけっこう大事なポイントです。 重量級のゲームは難しいですが、比較的軽量なゲームであれば快適に動作するので、仕事からゲームまで、幅広く使える製品といえるでしょう。 安価でパフォーマンスの低いPCは、生産性という意味ではあまりよい選択とはいえません。仕事にも使うなら、ある程度のパフォーマンスを備えたPCを選択すべきです。その意味で、特に外部GPUを持つCore i7モデルのMateBook 13 NEWは、仕事、学習、遊びまで、メインを張れるマシンです。

小山安博

【関連記事】