Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「3密」避けられない 山王まつり 今年は神事のみ/富山

配信

チューリップテレビ

 「山王さん」として親しまれている富山市の「山王まつり」が、5月31日夜から始まりました。  今年は、「3密」が避けられないとして、獅子舞や露店の出店も中止となっていて、厳かに神事のみが執り行われています。  富山市で400年以上続く日枝神社の山王まつりが5月31日夜から始まり、1日朝は、神社の氏子らが無病息災を祈願する「山王講大祭」が行われました。  例年は、1日の朝から獅子舞が練り歩きますが、今年は、神事のみが厳かに執り行われました。  山王まつりは、例年5月31日から6月2日まで行われ、およそ25万人の人出がありますが、今年は、人が密集する獅子舞やみこしの巡行、およそ700店が集まる露店の出店など、ほとんどの行事が中止となっています。  山王まつりでみこしなどが出ないのは、富山大空襲の翌年の1946年以来、74年ぶりです。  「ほんとうにこのような事態になって大変残念に思っています。1日も早く、この病気が沈静化。収束して、来年からまた、賑やかに出来ればと思っています」(平尾旨明宮司)

チューリップテレビ