Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アマゾン、自動運転宅配実現なら年200億ドル経費削減か-モルガンS

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米アマゾン・ドット・コムによる無人運転技術を手掛けるスタートアップ企業ズークスの買収交渉を巡り、アナリストは買収が実現した場合、年間で数百億ドル規模の経費を削減し、自動車や宅配、配車サービス分野で競争が激化すると予想している。

モルガン・スタンレーのインターネット・自動車・運輸業界担当のアナリストは27日のリポートで、配送コストはアマゾンの経費の中で最も大きなものの1つで、今後数年で900億ドル(約9兆7100億円)に達する可能性があると指摘。自動運転車を使った宅配サービスで年間200億ドル余りを削減する公算があると予想した。

同アナリストはアマゾンがテスラやゼネラル・モーターズ(GM)などの「明確な」競争相手になると見ており、配車サービスや料理宅配サービスの分野で競合する可能性があると指摘。ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)やフェデックスは対応を迫られるだろうとした。

ズークスは26日に、「複数の当事者から戦略的な取引を巡り関心が示されており、これらを評価するためカタリスト・パートナーズと協力している」と説明したが、アマゾンからの関心についてはコメントを控えた。アマゾンの広報担当者もコメントを控えた。

ダウ・ジョーンズ通信(DJ)は、アマゾンがズークスの買収に向けた交渉を進めており、買収額は2018年に行われたズークスの資金調達ラウンドでの評価額32億ドルを下回る可能性があると報じていた。

原題:Amazon Buying Zoox May Save $20 Billion, Put Tesla on Its Heels(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Katie Roof, Spencer Soper

【関連記事】