Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三吉彩花&阿部純子W主演映画「Daughters」、主題歌担当のchelmicoほか13組のアーティストが参加

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 東京・中目黒でルームシェア生活を送るふたりの女性を主人公に、妊娠、そしてシングルマザーとして出産という人生の決断を通して、友情、仕事、家族、過去への固執と現実など、現代の女性の揺れ動く心情にフォーカスしたヒューマン・ドラマ、映画「Daughters」が、9月18日(金)より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開されます。  脚本・監督を務めるのは、本作が初の長編作品となるファッションイベント演出家 / 映像作家の津田 肇。妊娠した友人をそばで見守る小春には、女優やファッションモデルとして活躍し、『ダンスウィズミー』『犬鳴村』の主演が記憶に新しい三吉彩花。小春のルームメイトで、悩みながらもひとりの女性から“母親”になる決断をする彩乃は、「燃えよ剣」「461個のおべんとう」の公開を控える阿部純子。2人がダブル主演を務め、仕事も遊びも充実した毎日を送る27歳の親友同士を瑞々しく演じています。  また、津田監督が、企画の初期段階から抱いていた音楽への構想は「現在、東京で活動するアーティストによる楽曲で揃えたい」ということでした。音楽プロデューサーを務める芳賀仁志と、音楽の使用箇所やアーティストの選定について議論が行われた結果、何かの音楽イベントだと勘違いしそうなくらい、まさに東京の音楽・カルチャー・ファッションのシーンを横断する総勢13組のアーティストたちの参加が決定。主題歌を務めるのは、chelmico。まさしく東京で暮らし、活動するガールズ・ラップ・デュオであり、今作の主人公である小春と彩乃のイメージともぴったり重なる2人。主題歌「GREEN」は脚本や、監督から伝えられた映画の詳細を元にして書き下ろしました。chelmicoのRachelは本作に対して「生き方がちゃんと現代にアップデートされているところに非常に感銘を受けました」、Mamikoは「春夏秋冬で景色が変わっていく映像が綺麗でずっと見ていたかった」とコメントしています。  キーとなる“主人公たちの変化”を描写するシーンではjan and naomiがメロウでシネマティックなサウンドを響かせ、主人公たちのこれまでのルームシェア生活をなぞっていくシーンは、Opus Innがミニマルなビートの上にノスタルジックなメロディを歌いました。早朝の築地の街を2人が駆けるシーンで流れるThe fin.の「Through The Deep」は、予告編でも使用されており印象的。トラックメイカー陣も非常に豪華なラインナップとなっており、世界的に活躍するSeiho、今作のためにコラボレーションが実現したMONJOEとHiroaki OBA、ビートメイカーTOSHIKI HAYASHI(%C)、そして本編中のアンビエントサウンドを数多く手掛けたUtaeが参加しています。  そのほか、YONA YONA WEEKENDERS、Emerald、野井雄飛、Double Worksなどが作品の随所で印象的なスコアを響かせています。なおアーティストのSNSでは、使用楽曲の一部を本作の映像とともに楽しむことが出来るスペシャルクリップも展開されています。 [chelmico コメント] どのシーンで一時停止をしてもカッコいいっていうのがわたしの好きな映画を構成する要素の一つなんですけど、この映画もまさしくそういった映画でした。そして、ついついカッコいい映像に見惚れてしまうけど内容が本当に鮮明で。 ただ綺麗ってだけじゃない。生き方がちゃんと現代にアップデートされているところに非常に感銘を受けました。 私もこうしなきゃ、ああしなきゃって固定観念で動きそうになるけどそうじゃなくて、この2人のように目の前のことにひたむきに、日常を送っていけたらいいなと思いました。 おーい!小春!彩乃!あなたたち、本当に素敵よ~!! ――Rachel とても特別な関係の2人の生活が変わっていく不安と、歩み寄っていく姿は妙にリアルで強さを感じました。春夏秋冬で景色が変わっていく映像が綺麗でずっと見ていたかったです。エンディングで自分の曲が流れて不思議な気持ちになりました。 ――Mamiko (C)「Daughters」製作委員会

【関連記事】