Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

発達障害同士であえて別居婚。夫婦仲が以前より良好な理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

絵本作家の西出弥加さんと光さん夫妻は、夫婦ともに発達障害という特性をもちながら、結婚。そして結婚から約1年の現在、別居中だと言います。 「この形が私たちにとっては理想だった」と語るその理由について、妻の弥加さんに教えてもらいました。 夫婦で発達障害。会社勤めが10日しか続かない夫に妻は…

発達障害夫婦が別居を選んだ理由。以前よりも関係が良好に

●夫と妻、同居が耐えられなかった理由 私たち夫婦は、妻がASD、夫がADHDという発達障害の特性を持っています。結婚当初は、順風満帆にはいきませんでした。その理由は、日常生活において「抜け」が多い夫と、細かいことにこだわりすぎてしまう私との相性にありました。 性格的には相性がバッチリで、喧嘩は一度もしたことがないのですが、物理的なところで苦しいことが多かったです。 たとえば一緒に暮らしていると夫のささいな抜けが気になります。掃除をしない夫に、掃除を完璧にしたい私が耐えられなくなってしまったのです。テーブルにゴミが置いてあるだけでもそうです。夫は悪気があるわけではなく、その特性から本当にちらかっていることに気がつかないのです。 そんなことはだれにでもあると思われるかもしれませんが、その「そんなこと」の予想の遥か上をいくADHDの抜けとASDのこだわりが私たちにはありました。 これは、発達障害における検査でも数値的に明確になっています。間違い探しなどで測る知覚統合のレベルを夫婦で診てもらったところ、私はIQ130ありますが、夫はIQ80。50の差がありました。平均はIQ100くらいなので、夫は「目で見た情報を理解することが苦手」なのです。

一方、私は視覚優位なところがあり、だからこそ絵も描けるしデザインも考えられるのかもしれません。 ただ、だれかと暮らすことにおいては難しく、私生活において夫の抜けがやたらと気になってしまい、絵の仕事が手につかなくなってしまったのです。頭の中は、いつのまにか「夫100:絵0」の状態になってしまった。夫が悪くないと思うたびに、うつ状態になって動けなくなりました。 夫のせいではなく、私が0か100の状態になってしまう性格だったからだと思っています。それに加え、私が家の中で仕事をするという特殊な形だったのも、原因だと思います。 当初は夫も不安定で、仕事をしてもすぐ辞めてしまっていたので、支えるには私も仕事をしなければいけない。でも仕事ができなくなっては本末転倒。そして結婚から半年で別居を決めました。私は私で仕事ができる部屋を探し、夫には別の部屋を。

【関連記事】