Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アルトゥールがダメなら...ユヴェントスが好むバルサの若手6選手

配信

SPORT.es

ユヴェントスは、ミラレム・ピャニッチの移籍交渉に妥協を許さない。アルトゥールの拒否を受けたイタリアのクラブは、ボスニア人のカンプ・ノウへの移送を、自分たちの計画に入る複数の若手選手で合意しようとしている。 PSGの登場でピャニッチの移籍交渉が複雑化...4クラブが関わる事態に 伊紙『Tuttosport』は、ユヴェントスが気になるカンテラーノ5人の名前を明らかにしている。ユヴェントスのスポーツディレクターを務めるファビオ・パラティチは、ブラウグラナのクラブと、さらに上を目指す若者たちをよく研究してきた。 FCバルセロナがピャニッチとの契約を主張している今、ユーヴェは来季からブラウグラナのシャツを着るフランシスコ・トリンカオとペドリ、ベティスにレンタル中のアレニャ、イライシュ・モリバ、そしてリキ・プッチのいずれかの選択肢をテーブルに置いている。 いずれもスポーツ面での高い貢献が約束できる選手であり、今後数年で評価が上昇していくに違いない。しかし、それはバルサが望む譲渡ではなく、彼らの放出に同意することは難しい。 それにもかかわらず、ユヴェントスは唯一求めるアルトゥールの代替として彼らの複数人を交渉に含めようと持ちかけている。さらに最後の時間でもアンス・ファティの名前が浮かび上がってきたが、FCバルセロナは断固として移籍不可能を宣言している。

SPORT

【関連記事】