Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ起源論争の焦点、武漢ウイルス研究所長に“抜擢”された30代女性所長の経歴

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

トランプ米大統領が5月29日(現地時間)、「新型コロナウイルスの初動に問題がある」として、世界保健機関(WHO)との関係を解消すると表明した。トランプ大統領は、ウイルスが武漢ウイルス研究所から流出したと主張し、WHOを中国の「操り人形」と批判している。 【全画像をみる】コロナ起源論争の焦点、武漢ウイルス研究所長に“抜擢”された30代女性所長の経歴 ウイルスの研究所流出説の焦点となっているのが、重症急性呼吸器症候群(SARS)の起源がコウモリだと証明し、「コウモリ女」との異名を持つ石正麗氏だ。 5月初めには、SNSで「石氏が研究所の秘密文書を持ってフランスの米大使館に亡命申請した」との情報が日本を含む世界で大拡散した。 その石氏は全国人民代表大会(全人代)開催中の25日、長い沈黙を破って中国メディアのインタビューを受け、科学が政治に利用されることに不満を表明した。前日には武漢ウイルス研究所の王延軼所長も取材に応じ、「ありもしないことをつくりだそうとしている」と述べ、同研究所からウイルスが流出したなどとする疑惑を否定した。 2人とも中国の国際ニュースチャンネルのインタビューを受けており、中国政府が石氏の亡命説を否定し、武漢流出説への反論を本格化させたと考えられる。 実は王延軼所長は30代の女性所長であることから、流出説とは別次元のところで中国ネット民の「時の人」にもなっている。

SNSに研究所流出説を気にする投稿

複数の資料によると、石氏は1964年生まれで、武漢大学出身。修士終了後に1年間フランス語を勉強し、モンペリエ第二大学で博士号を取得した。その後は、数回の海外滞在を挟みながら、武漢ウイルス研究所で研究を続けている。 石氏は2013年に科学誌ネイチャーでSARSウイルスの起源がコウモリだと証明する論文を発表して名を上げ、「コウモリ女(バットウーマン)」と異名がついた。米大学の教授とSARSに関する共同研究も行っており、石氏自身と米研究者との関係は良好のようだ。 新型コロナウイルスが武漢で感染爆発し、ウイルスと研究所の関わりを疑われるようになったことは、本人も相当気にしていたとみられ、2月2日には、メッセージアプリWeChatの友人向け投稿に、 「新型コロナウイルスは大自然が人類の文明生活習慣に与えた罰だ。命を賭けても、これが実験室とは関係ないと宣言できる」 とつづっている。

【関連記事】