Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

竹内由恵、演技初挑戦で“ぶりっ子悪女”小林麻耶と対峙 内村光良が絶賛「似合ってました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 フリーアナウンサーの竹内由恵が、27日放送のフジテレビ系バラエティー番組『痛快TV スカッとジャパンSP』(後7:00)のショートドラマに出演。ドラマ初出演かつ演技初挑戦となる今回、小林麻耶と対峙する。 【番組カット】竹内由恵&小林麻耶の再現ドラマに佐藤勝利がコメント  竹内が登場するのは悪女スカッと「ぶりっ子悪女」。テレフォンアポインターの仕事をしている中原真琴(竹内)と、テレアポ業務の教育係・内田美樹(小林)。内田は若い女の子にダメだしばかりをする、超絶ぶりっ子な教育係で、ある日、きょうはまだ商品が売れていないという真琴に対して「真琴ちゃんが売れないと、教育係の私のせいになっちゃうんだからね」とプレッシャーをかけてくる。  美樹は続けて「女の子らしさが足りないから、商品が売れてないんだ」と言い放つと「わかった! なんで女の子らしさが足りないか! 顔がぶちゃいく~~」と理不尽な指導。この日以降、内田の真琴に対する要求がさらにエスカレートし「真琴ちゃん、男の転がし方わかってないなー」「もしかして、今までろくな恋愛してきてない?」などと仕事とは関係のない事を言って真琴にプレッシャーをかけ、さらには「いつでもやめていいよ」と真顔で言ってくる。  そんな中、ショールームで行われた対面販売の時に事件が起こる。真琴が客の対応をしている最中、内田が横から割って入り、お客様対応を変わると…。思わぬ結末でスカッと成敗される。ショートドラマを見ていた、スタジオゲストの長澤まさみは「怖かったですね。ホラーを見ているみたいでした」と笑顔。佐藤勝利は「ほぼ『世にも奇妙な物語』みたいな瞬間があった」とVTRを振り返り、司会の内村光良は「竹内さん似合っていましたよね。損害保険とかのCMとかきそう」と絶賛していた。

【関連記事】