Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

UEFAチャンピオンズリーグで働く初のアジア人岡部恭英氏に聞く「世界のスポーツビジネス最前線で働くとは」

配信

高校サッカードットコム

 スイス在住。サッカー世界最高峰UEFAチャンピオンズリーグに関わる初のアジア人。UEFA(欧州サッカー協会)マーケティング代理店「TEAMマーケティング」のテレビ放映権/スポンサーシップ営業 アジア・パシフィック地域統括責任者。慶應義塾体育会ソッカー部出身。 ケンブリッジ大学院MBA。海外在住歴約24年(スイス、イギリス、アメリカ、シンガポール、ベトナム)。夢は、「日本でワールドカップを再開催して、日本代表が優勝!」。 【記事】UEFAチャンピオンズリーグで働く初のアジア人岡部恭英氏に聞く【前編】「世界のサッカービジネスに足を踏み入れたきっかけ」 ーー世界のスポーツビジネスの舞台で働いている岡部さんですが、日本と世界のスポーツビジネスとの間で感じる違いはどのようなものでしょうか。 スポーツ業界に関してというよりも、世界と日本の違いがまずかなり大きいですね。そして、2つ違いはあると思います。 まず、1つは僕らのような組織になると、チャンピオンズリーグであろうと、UEFAであろうと、「超グローバル」、まずその「グローバル力」が大きな違いだと思います。 どういうことかというと、働いている人だって、中国人も雇ったし、インド人も雇ったし、いろんな国籍がいますよね。ヨーロッパから、アメリカからとにかく色んな人が会社に入ってくる。 日本の会社は日本から世界を目指すとか言うんだけど、基本は日本人しかいないですよね。100歩譲って日本人が優秀だとしても、世界の「ヤング・アンド・ブライテスト(若くて頭のいい人)」を世界中から集めているGoogleとかと勝負するとなると、それはどう考えても負けてしまう。 もう1つの大きな違いは「マネー力」。 「マネー力」は「グローバル力」と繋がるんだけど、どういうことかというとたとえ世界第3位の経済大国日本だとしてもたかだか1億ちょっとしか人口がいない。ここだけでやっているのと、世界人口78億人を目指してグローバルにやっているところ、そりゃあ稼ぐ力に違いが出ますよね。もうだって財布が違いますよね。

【関連記事】