Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

学校でしないお金の教育、休校時のお手伝いと駄菓子屋で子供が学んだこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

キャッシュレス決済が身近なものとなっています。QRコードをかざして支払いを済ませたり、カードを提示して買い物をする様子を見て育つ子供にとって、現金の存在は「支払いシステムの1つ」なのかもしれません。 一方、生活していくうえで欠かせないマネーリテラシー、すなわち「お金の知識を得て、うまく活用する力」を、学校で学ぶ機会はほとんどありません。つまり、現状では家庭でなんとかしなければならないのです。親の子供時代よりも複雑になっている子供の金銭感覚の養い方について考えます。

小学生の7割以上がお小遣いをもらっている

金融広報中央委員会が5年に一度行っている「子どものくらしとお金に関する調査(第3回)2015年度」によると、7割強の小学生がお小遣いをもらっていると答えています(調査対象:全国の小学生から高校生5万人超)。 毎月もらっている児童の平均金額は低学年では1004円、中学年で864円、高学年になると1085円です。時々もらっている児童の平均金額は低学年が1004円、中学年は924円、そして高学年では1246円という結果でした。 また、どういったシチュエーションで貰えるかという問いには、低学年の半数が「お手伝いをしたときにもらう」と答えています。この数値は学年が上がるほど小さくなりますが、高学年でも40%がお手伝いをしてお小遣いをもらうと答えており、家庭で「お手伝いをすると対価を貰える」ことを学んでいることがうかがえます。 しかし、子供が実際に労働の対価としてお金を稼ぐ仕組みを体験するには、高校生以上になってアルバイトをし始めるまで待たなければいけません。そのため、できることなら家庭でお駄賃制を取り入れたいと思っていた筆者でしたが、ズルズルと手をつけずに後回しにしてきました。 その状況が一変したのは新型コロナウイルスによる休校期間です。

仕事内容によりお駄賃の金額を設定

3カ月に及ぶ休校期間は外出自粛ということもあり、家で過ごすことがほとんどでした。3人の子供がいる状況で家事を行うのは、普段と勝手が違います。洗濯物を干し、お風呂掃除をし、布団を敷いている間も子供たちの騒ぐ声が毎日BGMになっていました。 そんなある日、「自分一人だけ家事に奮闘しているのがばからしい」と思ったのです。この気持ちを打ち消すにはどうすればいいか。5秒後に出た答えが「お駄賃を出して子供たちを巻き込もう」というものでした。 早速子供たちを呼んで提案すると、全員賛成し大喜び。その姿を見た筆者が、もっと早く導入しておけばよかったと後悔したのは言うまでもありません。 お手伝いは「洗濯、お風呂掃除、布団敷き」の3種類に決め、それぞれの金額も話し合いをして決定。子供たちで料金表を作成し、リビングの壁に貼るなどやる気満々です。 どうなることかと見守っていると、親の心配をよそに子供たちは嫌がりもせず1カ月、2カ月が過ぎてすっかり定着しました。「労働の対価としてお金を貰う」という考えが身についたようなのです。

【関連記事】

最終更新:
LIMO