Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「下戸だから飲む」はもう古い? いま、ノンアルコール飲料の「逆襲」が始まっている

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

「ノンアル? 要はジュースでしょ」への反論

 ノンアルコールドリンク(ノンアル)というと、少し前までは「お酒を模倣したえせカクテル」「お酒を飲めない人が飲んでるふりをするために飲むもの」だとか、「それってつまりジュースでは?」などと言われて、おしゃれなバーやレストランでもメニュー表の一番後ろに追いやられてしまっている肩身の狭い存在でした。 【画像】飲んだことある? 大手アルコールメーカー各社の人気ノンアル飲料 「あれ? ノンアル飲むの? 今日って運転するんだっけ」なんて言われたり、飲まない相手に言ったりしまって、気まずい思いをした経験のある人も少なくないのではないでしょうか。  でも今、そんなノンアルコールの“逆襲”ともいえる快進撃が、ひそかに始まろうとしていることを、あなたはまだご存じないかもしれません。  ノンアルコールに力を入れるバーや、お酒を飲めない人が集まるグループ飲み会、ノンアルコール飲料を専門に展開する商社まで。  お酒を飲めない人も、そうでない人も、新しいジャンルの台頭に注目してもらいたい2020年、早速最近のノンアルコール動向をご紹介します。

お酒を飲める人にも広がる人気、そのワケは

 さかのぼること半年ほど前、2019年10月から2020年の年明けにかけ、大手全国紙が相次いでノンアルコールを取り上げる記事を掲載・配信しました。 「ゲコ(下戸)ノミストだって飲みたい!? フェイスブック公開グループに1700人参加」(2019年10月29日付、毎日新聞) 「飲めない人も『もう一杯』 ノンアルに酔える本格バー」(2019年12月1日付、日経新聞) 「ノンアルが『酒の場』に新風 ゲコノミストにゲコナイト」(2020年1月3日付、朝日新聞)  そのなかのひとつ、毎日新聞の記事では、下戸(げこ。体質的に酒やアルコール飲料を飲めない人)約1700人が集うグループの活動に触れ、会を主宰する男性の「(バーなどで)『客単価の低いやつが来た』という目で見られ、嫌な気持ちになったこともある。酒が飲めなくても、ノンアルコールのおいしい飲み物ならお金を出したいというニーズは高いはず」という声を紹介しています。  朝日新聞の記事には、お酒が苦手ではないが友人との食事ではもっぱらノンアルを選ぶという20代女性が「人前で酔うのは恥ずかしい」という声が掲載されました。体質的に飲めないというわけではない人にとっても、ノンアルはひとつの選択肢となりつつあるようです。  さらに日経新聞は、ノンアルカクテルを提供するバーテンダー側に焦点を当て「飲んだ時に、『これは本当にノンアルコール?』と思わせられるかが大切だという。単純にフルーツジュースを合わせただけでは、カクテルのように複雑な味や香りを表現でき」ない、という指摘や、女性バーテンダーの「(ノンアルカクテルは)プロのバーテンダーにとっても難しいカテゴリー」という声を紹介。このジャンルの奥深さを伝えています。

【関連記事】