Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長女誕生のDAIGO「娘にはまだちょっと早い」主演・森崎ウィンも対抗して「GTYB」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO HEADLINE WEB

 映画『妖怪人間ベラ』舞台あいさつが12日、都内にて行われ、キャストの森崎ウィン、emma、英勉監督と、主題歌を務めたBREAKERZ(DAIGO、AKIHIDE、SHINPEI)が登壇。先日、妻で女優の北川景子との第1子女児誕生を公表したDAIGOに観客から拍手が贈られた。 【写真】DAIGO、パパの顔に?  時代を超えて愛される『妖怪人間ベム』のキャラクター、ベラが女子高生という設定でリブートした話題のホラー。  怪演が話題を呼んでいる主演・森崎ウィンは「英監督からブレーキをかけるなと言われまして。普段はあんな人じゃありません」と苦笑。モデルとして活躍するベラ役emmaも「ベラは、ただいるだけで雰囲気がある女性だと監督から言われていて、モデルとしてこれまでやってきた雰囲気づくりが役だったかなと思います。セリフもほとんどなかったので」と振り返った。  映画主題歌のオファーについてDAIGOは「完全にWWK、ウィンウィンな関係だなと思いました」と森崎の名前にかけてDAI 語を披露。ところが長女誕生を祝福されると「ありがとうございます」と喜びつつ「(この映画は)娘にはまだちょっと早いなと。20年後くらいに見せたいと思っています」と会場の笑いをさそった。  さらにDAIGOが「実は3人それぞれ1曲ずつ作ったのですがAKIHIDEさんの曲が良すぎて、僕らがどんな曲を作ったのか覚えてすらいない」と明かすと、キャストや監督たちも主題歌を絶賛。アーティストとしても活動する森崎が「音楽人としても勉強になりました。純粋に感動しました」と熱く語るとDAIGOも「最近こんなにほめられことないから。HHS、へらへらしちゃう」。  そんなDAIGOに刺激された森崎は最後に「面白さや怖さ、笑えるところなど本作の魅力が届いたらいいなという気持ちを込めて…GTYB、Go To 『妖怪人間ベラ』」と“ウィン語”で締めくくった。  映画『妖怪人間ベラ』は公開中。

【関連記事】