Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

夏の「マスク日焼け・マスク肌荒れ」はどう対策する?医師に聞いた

配信

女子SPA!

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出の際はマスクの着用が欠かせなくなりました。寒い時期に使用するのが当たり前だったマスクが、今年は夏の暑い時期にも使用しなければならなくなり、日焼け対策をどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。  そこで、今回は“すっぴんドクター”こと、聖心美容クリニックの小林美幸・熱海院院長に今年のマスク対策・日焼け対策について聞いてみました。

マスクをしている部分も日焼けする

――今年の夏は外出時にマスクの着用が必須になりそうですね。マスクの形がくっきり残るような日焼けは何としても避けたいです。 小林美幸院長(以下、小林):そうですね。マスク日焼けはマスクをしている部分とそうでない部分とで焼けムラが出てきてしまうことを言います。具体的には、マスクをしている部分のみ白っぽくなるか、反対にマスクをしているところだけ日焼けしているという、2通りの焼けムラがあり得ると思います。 ――マスクをしている部分が日焼けするのですか? なぜそのようなことが起こるのでしょうか? 小林:まず、マスクをしていない部分を日焼けするのは、紫外線を直に浴びてしまうからですよね。そして、マスクをしている部分が白っぽくなるのは、紫外線の肌への到達量が少なくなるからです。マスクの素材によってはUV対策がされていないものもあるので到達量はゼロではありません。そのため、マスクを着用していても多少日焼けはします。  マスクをしている部分が日焼けするもう一つの原因は、汗・蒸れ・摩擦等で顔に塗布した日焼け止めが落ちてしまうためです。特に鼻や頬などの出っ張っている部分はマスクと擦れやすく、日焼け止めも落ちやすいのです。  こうした焼けムラを防ぐためには、日焼け止めを2~3時間おきに、顔全体に塗りなおすこと。十分に肌になじみ、乾いてからマスクを装着するようにしましょう。また、塗りなおす際は、塗り忘れしやすい耳や目の周り、うなじ、あご、首、デコルテなど、広い範囲にまんべんなく塗ることが大切です。

【関連記事】