Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ついに「プロV1」にも! 線入り“アライメント系”ボールが熱い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

タイトリストのプロV1シリーズといえば、世界中のツアーで使用率NO.1を誇る問答無用のトップブランド。そのプロV1がアライメント機能をさらに強化した「アライメントサイドスタンプモデル」が新登場。ブームの“線入りボール”市場がさらにヒートアップしそうだ。

キャロウェイの「トリプルトラック」のヒット以降たくさん出てきた

2019年3月に発売された「トリプルトラックテクノロジー」という3本線のアライメントが搭載されたキャロウェイの「E・R・Cソフト」の登場以降、プロアマ問わずに採用者が増えているのがボールのサイドに線が入った“アライメント系ボール”。 ダンロップの「スリクソンADスピード」「スリクソン トライスター」に線が入り、キャロウェイは2020年モデルの「クロムソフト」シリーズではトリプルトラックを採用(『クロム ソフト』はホワイト、トゥルービスも選べる)し、ボールと同じアライメントを採用したトリプルトラックパターも発売した。

そんなアライメント系ボールに、ついにタイトリストのプロV1、プロV1xが加わるようだ。2020年5月22日に数量限定で発売される「アライメントサイドスタンプモデル」がそれだ。写真をご覧いただきたいが、ボール名の上下に直線が引かれている。色は黒の単色だ。 盛り上がりを見せる“アライメント系ボール”。トリプルトラックに続く新たなイノベーションは起こるか、今後の展開にも注目だ。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】