Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

情報通信と重機のコラボで除草 国交省が黒部川堤防で試験

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 黒部川の堤防の除草に、情報通信技術(ICT)を活用した建機が使えるかを確認する試験が17日、富山県入善町浦山新の同川右岸堤防で行われた。  国土交通省北陸地方整備局黒部河川事務所と北陸技術事務所が実施した。管理する同川の堤防は総延長約31キロで、ほとんどがのり面を石で覆う「石張り護岸」。除草は異常を早期発見するために重要だが、石の凹凸で自走式の機械が使えず、作業員が年2回、肩掛け式の草刈り機で除草している。  試験は、労働環境改善やコスト削減を目指し、のり面の整形工事のために開発されたICT建機に草刈り用の装備をして行った。建機の位置情報を基にモニターに表示されたのり面の設計図に沿って除草でき、効率化が期待できるという。試験や改良を経て、関係者の意見をまとめた上で導入の可否を判断する。

【関連記事】