Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バトル鉛筆、エスパークス…「遊べる文房具」が子どもたちを夢中にした 平成カルチャーを振り返る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

 バブル~平成初期に、全国の観光地で売られていた懐かしい「ファンシー絵みやげ」を集める「平成文化研究家」山下メロさん。今はもうほとんど売られていないこの「文化遺産」を、保護する活動をしています。「エスパークス」や「バトル鉛筆」など、子どもたちの間で流行した「遊べる文房具」は、観光地のファンシー絵みやげにも影響を与えていました。学校に持ち込める「遊べる文房具」の歴史から、山下さんにひもといてもらいました。 【画像】バトル鉛筆、エスパークス…どこまでやるの?「遊べる文房具」で振り返る平成カルチャー

ファンシー絵みやげとは

 「ファンシー絵みやげ」とは、1980年代から1990年代かけて日本中の観光地で売られていた子ども向け雑貨みやげの総称です。地名やキャラクターのセリフをローマ字で記し、人間も動物も二頭身のデフォルメのイラストで描かれているのが特徴です。  バブル時代がピークで、新しい商品を「出せば売れる」と言われたほど、修学旅行の子どもたちを中心に買われていきました。バブル崩壊とともに段々と姿を消し、今では探してもなかなか見つからない絶滅危惧種となっています。  しかし、限定的な期間で作られていたからこそ、当時の時代の空気感を色濃く残した「文化遺産」でもあります。私はファンシー絵みやげの実態を調査し、その生存個体を「保護」するため、全国を飛び回っているのです。

「遊べる」機能を取り入れたファンシー絵みやげ

 ファンシー絵みやげにおいて、一番種類が多いのはキーホルダーです。キーホルダーは鍵につけるだけでなく、ランドセルのフックにぶら下げることができ、多くの学校で持ち込むことを許されていました。観光地で買って帰る雑貨みやげの中で、子どもにとって非常に実用的なもの。それがキーホルダーというわけです。  このキーホルダーが、学校に持ち込むことを禁じられている玩具を、持ち込むための抜け道になっていることを前回お伝えしました。占い、パズル、迷路ゲームなど、遊べる要素を入れた遊べるキーホルダーが観光地で売られ、子どもたちを夢中にさせていました。  休み時間になれば、教室の後ろのロッカーのランドセルからキーホルダーを取り出して遊ぶわけです。もちろん先生に見つかれば怒られて取り上げられるでしょう。あくまでランドセルの飾りとして許容されているわけですから、大っぴらに遊べるわけではないのです。しかし、キーホルダーがあれば、誰でも簡単に休み時間の人気者になれました。もっとも、その人気も長くは続かず、すぐに飽きられてしまうわけですが。  しかし、子どもたちの欲望は、休み時間だけにとどまりません。  なんとかして、授業中だって遊びたい。ファンシー絵みやげのメーカーは、そこにも目をつけました。  授業中に机に出して使えるものといえば、文房具です。  わざわざ文房具を観光地で買わなくても近所で買えるわけですが、ファンシー絵みやげとして地名やキャラクターイラストをプリントしたものがいくつか存在します。鉛筆、消しゴム、鉛筆削り、メモ帳、ノートなどです。  非日常空間である観光地に来てまで、勉強のことを考えたくないからか、そこまで多いジャンルではありません。しかし、そのように多くない中に、確実に目立つ存在があります。それが今回紹介したい「遊べる文房具」です。  まずは、遊べる文房具の歴史を見ていきましょう。

【関連記事】