Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Facebook Shops がもたらす、D2Cブランドの機会と疑念

配信

DIGIDAY[日本版]

この1年、Facebookはeコマースに対する野望を少しも隠そうとしなかった。昨年3月、同社はインスタグラムチェックアウト(Instagram Checkout)のベータ版をリリースし、ユーザーがインスタグラムのアプリから離脱することなく、参加する小売企業から商品を購入する仕組みを構築した。さらに12月、パッケージド(Packagd)というスタートアップ企業を買収し、QVCのようなショッピング専門のライブ動画を配信できるようにした。 5月19日、Facebookは「Facebook Shops(フェイスブックショップス)」というカスタマイズ性の高い、オンラインストアの開設機能を開始すると発表したが、この発表も当然、驚きではなかった。同社の狙いは、買い物をする人に「新しい商品を探すなら、Facebookとインスタグラム」と思わせることで、Facebook Shopsもこの試みの一環という。 Facebookがめざすのはeコマースプラットフォームへの転換だ。小売企業に、GoogleやAmazonではなく、Facebookで広告費を使いつづけてもらうためには、どうしても必要な取り組みである。小売企業としては、顧客の行動データをもっとも多く保有しているプラットフォーム、あるいは自分たちの顧客が新しい商品を探すときは必ずそこに行くというプラットフォームで広告費を使いたい。 だが、Facebookの新しいeコマースツールの恩恵にあずかるD2Cブランドは、同時に、顧客関係に対するコントロールを失う危険もある。Facebookが新しい商品を探すのに最適の場所ならば、わざわざひとつの企業のウェブサイトに行かずとも、Facebookに出店する何百ものショップを見てまわれば良い。確かに、新規顧客を低価格で獲得できる点はセールスポイントになるかもしれない。だがFacebookは、精魂込めてブランドサイトを作りあげてきた小売企業たちに、Facebook Shopsは彼らからトラフィックを奪い取るものではないと納得させる必要がある。

【関連記事】